プールで空手!それがジャパンカップ!!

第21回 ジャパンカップ ジュニア空手道選手権大会

ルーキーチャレンジ・ジュニアカラテトーナメント2019

参加の報告!


大会名:第21回 ジャパンカップ ジュニア空手道選手権大会

    同時開催

    ルーキーチャレンジ・ジュニアカラテトーナメント2019
主催:空手道MAC事務局
日付:2019年2月17日(日)
場所:横浜国際プール・メインアリーナ

 

 

空手道MAC事務局の一大イベント!『ジャパンカップ』が631名の選手達が参加して横浜国際プールにて盛大に開催されました。

 

 

今年は関東のJKJO参加道場限定で新人戦『ルーキーチャレンジ・ジュニアカラテトーナメント2019』も同時開催されました。

 

空手道MAC 東京・江戸川道場からジャパンカップに3名、ルーキーチャレンジに3名、大会スタッフとして5名が大会に参加致しました。

 

私は相変わらず司会や審判やコート責任者やあれやこれやバタバタと過しておりました。

 

もちろん、自分の担当のコートがあるため選手の試合は見られませんでしたが、後日、動画で試合を確認出来ました。

 

大野(そ)君は初めてのジャパンカップの洗礼をもろに浴びてしまいましたが、悔しさをバネに『ビヨ〜ン』と大きく跳ね上がってもらいたいです!

 

アドバイスは個々に伝えたので後は実行するのみでしょう!

 

既に1月からJKJOの本大会の予選は始まっておりますので、計画的に頑張りましょう!

 

新人戦のルーキーチャレンジ大会の方ですが大野(り)君が3勝、鹿野君が2勝して優勝しました!

 

おめでとうございます。

 

まだまだ勢いで戦っているので、試合に慣れてきて出せる技の種類や戦術など学べばもっと良い組手になるでしょう!のびしろはたくさんありますよ!

 

大会には選手とは別に5名の裏方がスタッフとして参加してくれました。休みのところありがとうございました。

 

大会に参加するにあたって、一緒に稽古してくれた仲間や先輩、当日に裏方として働いてくれた道場の仲間があっての大会ですので感謝の気持ちを忘れずに頑張りましょう! そしてお父さん、お母さんにも感謝を忘れずにね!

 


ちなみに今回の大会に同じ吉原師匠から空手を教わった、空手道MACイラン支部のカンビズこと、アフマド・ラフマニさんが13年振りに来日して大会をサポートしてくれました!

 

日本に14年間いて茨城に空手を学びイランでMACを作りました。

 

私の茨城支部時代には重なってはいませんが、たまに実家に帰って茨城支部で稽古した時やお酒を呑んだ事が懐かしく思い出されます。

 

イランでは日本人観光客のツアーガイドをしているそうで、日本にいるときよりも日本語が上手くなったよ!と言っていました!

 

 

久しぶりに話しましたが、カンビズの武道精神は健在でした!

 

空手最高!

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

カテゴリ:大会結果 | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
今年最初の型試合!

第2回 空手道型演武大会参加の報告!


大会名:第2回 空手道型演武大会
主催:極真会館坂本派 神奈川 / 東京城南本部
日付:2019年1月27日(日)
場所:国立オリンピック記念青少年総合センター 第4・5体育室

 

 

組手大会が新木場のBumB東京スポーツ文化館で行われている中で、型チームは国立オリンピック記念青少年総合センターにて、5名が出場し頑張りました!

 

この大会の為、いつもお世話になっている実践空手礼心会さんにも出稽古に行き大会に望みました。

 

私は組手大会にスタッフとして参加した為、型チームのみんなの姿は見られませんでしたが、道場で参加者本人達から感想を聞きみんなの頑張りが想像できました。

 

当日は空手道MAC湘南道場、加川先生や礼心会の大橋師範、若林先生などにお世話になりました。

 

この場をお借りしてお礼申し上げます。

 

ありがとうございました。

 

そんな中、小学1年生(男女混合)初級クラスにて、佐藤君が4位に入賞しました。

 

おめでとうございます!

 

次回の型大会は3月31日(日)にBumB東京スポーツ文化館にて行われます。

 

メンバーを増やしてまたチャレンジしましょう!

 

最後に参加した選手、保護者の皆様、お疲れ様でした。
また、大会をご準備下さった、極真坂本派のスタッフの皆様、ありがとうございました。

 

 

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

カテゴリ:大会結果 | 02:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
朝から夜まで格闘技!

第3回 東日本空手チャンピオン王座決定戦2019参加の報告!


大会名:第3回 東日本空手チャンピオン王座決定戦2019
主催:拳友会中山道場
日付:2019年1月27日(日)
場所:BumB東京スポーツ文化館メインアリーナ

 

 

今年も昨年同様、拳友会中山道場主催の東日本空手チャンピオン王座決定戦2019に参加させて頂きました。

 

 

昨年までは上級のみ上記の大会名でしたが、今年から初級クラスも武神のランキン制度の対象(初級ランキング)となったようで、東日本空手チャンピオン王座決定戦の冠の下、大会に望みました!

 

空手道MAC 東京・江戸川道場からは選手クラスだけでなく通常の稽古に参加しているメンバーにも参加を呼びかけ、6名の選手が大会に参加致しました。

 

私は今回は審判員ではなく、総合司会として大会に協力させて頂きました。

 

参加した6名が全員、初級クラスにエントリーし、それぞれのドラマがあったようです。

 

私が大会スタッフとし本部席にいたため、空手の大会に不慣れな保護者の皆様にセコンドして頂き心苦しかったですが、親子で頑張る図式になり、それはそれでよい経験になったと思っております。

 

※この佐久間くんの膝蹴りは、稽古で試合に使う技として練習していた技です!

 

※大野(り)くんの上段回し蹴りですが、当たってはいるものの、強さが無く技有にはならず…。

 

※大野(そ)くんの一回戦の相手は昨年の秋の合宿で一緒に稽古した正拳会の道場生でした!

 

選手クラスでキャプテンをしてくれている大野(そ)くんが昨年同様、今年も頑張って見事!3位に入賞しました!

 

 

喜ぶ栗原をよそに、報告に来てくれた大野くんは嬉しい顔ではなく、悔しい顔で報告に来てくれました。

 

3位の結果に満足しない大野くんの今後が楽しみです!

 

選手クラスではない道場生のみんなもとても頑張っていましたが、組手の後半にスタミナ不足を感じる場面が多く見られました。

 

通常のクラスでの組手の時間は30秒〜1分に設定してより多くの道場生と手合わせ出来るようにしているので、本番の1分30秒は長く感じたかもしれません。

 

今後は大会に参加する場合は自主トレで走り込みなどする事を勧めたいと思いました。

 

参加した選手、保護者の皆様、応援してくれた兄弟たち、お疲れ様でした。
また、大会をご準備下さった、武神関東地区道場のスタッフの皆様、ありがとうございました。

 

最後に集合写真を撮ろうとしていたら、偶然通りかかった空手雑誌『フルコンタクトカラテ』のカメラマンさんに声を掛けて頂き私も写真に混ぜてもらいました。

 

ありがとうございました!

 

 

大会を終えた私は自宅へは帰らずに、二つ上の兄が待つ後楽園ホールに向かって、趣味の活動を楽しみました!


 

朝から夜まで格闘技漬けの一日でした!

 

空手最強!

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

カテゴリ:大会結果 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
秋の本戦に向けた戦いがスタートしました!

第13回 JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会

関東地区代表選抜試合参加の報告!

大会名:JKJO全日本ジュニア大会 関東地区代表選抜試合

主催:JKJO全日本空手審判機構 関東地区事務局

主管:正伝流中村道場、相模原鈴木道場
日付:2019年1月13日(日)
場所:相模原総合体育館

 

 

秋の一大イベント、JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会に向けた関東地区代表選抜試合が始まり、空手道MAC 東京・江戸川道場からは選手クラスで頑張る菅原君(小4)1名の参加となりました。

 

 

選手クラスでは大会に参加する場合は目標シートに自分の課題を書き出し、その課題をクリアできるように稽古して大会に臨む流をつくっております。

 

自分も審判員とし参加していましたが、審判のタイミングと重ならなかった為、菅原君の試合を見る事ができました。

 

課題をクリアする事に意識が多く傾いたのか…。

 

全般的に蹴りの数が少なく…。

 

全ての攻撃をストライクで決めようとせずに、もっとガムシャラになってもいいのにと思いました。

 

選手クラスのみんな! 2月のMAC主催のジャパンカップに向けて頑張りましょう!

 

たくちゃん! 次は一人じゃないよ〜!

 

参加した選手、保護者の皆様、お疲れ様でした。
また、大会をご準備下さった、JKJO関東参加道場のスタッフの皆様、ありがとうございました。

 

 

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

カテゴリ:大会結果 | 20:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
大人の後は子ども番ですね!

第3回 MAC 型 交流試合参加の報告!

 

大会名:第3回 MAC 型 交流試合
主催:空手道MAC事務局
日付:2018年12月9日(日)
場所:横浜国際プール サブアリーナ

 

 

この日は今年で26回目になります、空手道MAC事務局主催のルーキーチャレンジカラテトーナメントが開催されました。私も記念すべき第1回大会に出場しておりますが、今回は大人が主役のこの大会の後に、子ども達の型の大会が行われました。

 

今回で3回目となるこの大会は夏のジュニアカップと同様に子ども達にとって型の大会の目標になる交流大会です!

 

空手道MAC 東京・江戸川道場からは17名(1名ケガの為、欠場)が出場し、この活動報告ブログでも報告しておりますが、この大会の為に2度、特別稽古日を設けて大会に臨みました。

 

大人の大会終了後、バタバタしながら型大会の準備をして、予定通り14時30分から3コートに分かれて大会が進められました!

 

私はAコートの主審を務めていた為、全コートの道場生の試技を見る事はできませんでしたが、大会終了後、選手の手元にはピカピカのトロフィを嬉しそうに持っている姿が見られました!

 

菅原さんが写真を撮って下さったので、こちらで紹介致します。

 

 

まずはAコートの参加者です!

 

※つかさ君! 4位入賞です!

 

※あやさちゃん&めいなちゃん!あやさちゃんは個人の部で4位入賞!めいなちゃんも頑張った!

 

※斉藤ツインズ、ペアの部、準優勝! たぶん、右がじゅんた君で左がりゅうた君だと思います…。

 

 

続いてBコートです!

 

※平安1ペアの部で見事!優勝!てっしょう君&たくむ君! おめでとう!

 

 

最後にCコートはたくさんいました!

 

※カルテットの部、3年生黄帯チーム 毎週、居残り稽古して頑張りました!小野君は個人の部で6位入賞!

 

※平安1の部(5年生〜中学生)準優勝のあおと君!

 

※平安1の部(5年生〜中学生)優勝のりく君!

 

※しんちゃんも頑張った! 本番まで一番多く型を稽古したでしょう!

 

※この後姿は…。 ひとろ君です!

 

※組手、型と両立して頑張っているそら君です!

 

※けんちゃんも前日の夜まで細かいクセを直すのに頑張りました!

 

17名それぞれのドラマがありましたよ!

 

入賞した嬉しい顔です!

 

 

 

 

 

 

 

最後に閉会式で渡辺代表と石島副代表のお話しを聞いて2時間の大会は終わりました。

 

 

型は組手と違い相手は自分自身です。

 

お手本をしっかり見て自分の動作に落とし込むこと、アドバイスを忘れずに実行すること、同じ動作を根気よくコツコツ続け微調整しながら修正すること、本番の緊張と戦い冷静に試技できること…。

 

空手の稽古から日々の日常生活に活かされる事はたくさんあります!

 

また目標を作って頑張りましょう!

 

以前、こちらの活動報告ブログで募集した、来年の型の試合の申込み締め切りが迫っております。

 

みんなでドンドンチャレンジしましょう!

 

 

参加したみんな!おつかれさま!

 

保護者の皆様、遠方からありがとうございました。

 

空手を通じてプライスレスな経験をこれからも提供したい思いますので、引き続きご協力お願い致します。

 

最後に空手道MAC各道場の運営スタッフの皆様、ありがとうございました。

 

空手最高!

 

型奥深し!

 

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

 

 

大会結果

 

●個人の部

・太極機瞥鳥〜1年生)  第4位   佐藤つかさ

・太極機3〜5年生)   第4位   龍澤あやさ

・平安機3〜4年生)     ベスト6    生田目てっしょう

・平安機3〜4年生)   ベスト6  小野あつひと

・平安機3〜4年生)     ベスト6    菅原たくむ

・平安機複鞠生〜中学生) 優勝   甚吾田りく 

・平安機複鞠生〜中学生) 準優勝    飯島あおと

 

●団体の部

・ペア太極の部  チーム サイトウ ツインズ  齊藤りゅうた&じゅんた

・ペア平安の部  チーム T-2        菅原たくむ&生田目てっしょう

 

おめでとう!

カテゴリ:大会結果 | 21:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
最近、埼玉県に行く機会が増えました!

With Road KARATE 2018

関東少年少女空手道『型』『組手』交流大会参加の報告!

 

大会名:With Road KARATE 2018 関東空手道『型』『組手』交流大会
主催:実践空手道礼心会総本部・東京城西埼玉本部
日付:2018年10月27日(土)
場所:北本市体育センター・メインアリーナ

 

 

このたび、柔真流空手塾同志会が実践空手道礼心会に合流し礼心会 東京城西埼玉本部となり実践空手道礼心会主催の交流大会が埼玉県北本市の体育センターにて行われました。

 

 

礼心会は空手の根幹となる型を重視して活動しており、今回の交流大会も『型』&『組手』の二部制です。

 

空手道MAC 東京・江戸川道場の選手クラスから4名の選手が出場し内3名は型の部にもエントリーしました。

 

私も主審として大会に協力させて頂きました。

 

午前中に行われた型の部では決勝以外は2人同時で試技を行い旗によるマスト判定で競われました。審判員は同時に2人を見るため全体のバランスや基本動作のちょっとしたミスが判定に大きく影響します。

 

選手達には道場による型の若干の相違はあるけど、姿勢や立ち方、拳の握り方など基本的な空手の動作に違いはないので丁寧に試技するようにアドバイスしました。

 

 

そんな中、大野そら君が2試合で見事勝利し、『初級・小学5年生男女混合クラス』で優勝いたしました。

 

先月のIBKOの大会よりも、肩の力が抜けて試技できていたのが印象的でした。

 

惜しくも入賞を逃した2人も正しい姿勢を基本稽古で身体にしみこませていきましょう!

 

お昼休憩を挟んで午後から組手の部です。

 

選手クラスに参加している4人ですので、大会までに各自が決めた課題をクリアすべく、試合前も勝ち負けよりも課題のクリアを目標に4名で再確認して試合に臨みました。

 

 

 

初級・小学4年生男子にエントリーした菅原君は稽古した左の上段回し蹴りで技有が取れて逆転勝ちできました!

 

相手のパンチを受けすぎてペースを中盤に持っていかれてしまったので、ペース作りも今後の課題になるでしょう!

 

初級・小学5〜6年生男子にエントリーした大野そら君も1回戦は終始相手との打ち合いを制して判定勝ちでしたが、2回戦はパワーで上回る相手と打ち合って体力を消耗していたようでしたので、ステップを使って出入りしたり、フェイントを使って距離を作ったりと工夫が必要と感じました。

 

惜しくも1回戦で敗れてしまった鹿野君ですが、圧力のある相手としっかり打ち合い課題の技も出せていたので前回の試合より成長がみられました。

 

同じく1回戦で敗れてしまった大野りく君も大きな相手に時折、下段回し蹴りが良いタイミングで出せていたので焦って上段ばかり狙ってしまういつもの癖が改善されていて成長がみられました。

 

全員、家でも動画で反省会をしてみて下さい。

 

今回も先生が審判でセコンドに着けなかった為、子ども達だけで協力してセコンドも経験しましたが、選手と一緒に戦っている気持ちでもっともっと大きな声でアドバイスしましょう!

 

道場の旗に書いてある『ONE FOR ALL  ALL FOR ONE』の気持ちで!

 

参加した選手、保護者の皆様、お疲れ様でした。
また、大会をご準備下さった、実践空手礼心会のスタッフの皆様、ありがとうございました。

 

 

みんなで景品のジュースを片手にお揃いの『とらふみ君Tシャツ』でハイポーズ!

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

 

 

入賞者

 

型の部

初級・小学5年男女混合の部 優勝 大野蒼空

 

組手の部

初級・小学4年生男子の部 第3位 菅原巧夢

初級・小学5〜6年生男子の部 第3位 大野蒼空

 

おめでとうございます!

カテゴリ:大会結果 | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
横浜でももう1つの戦いが…

国際親善第10回IBKO全日本空手道選手権大会参加の報告!

 

大会名:国際親善第10回IBKO全日本空手道選手権大会
主催:IBKO国際武道空手道連名
日付:2018年10月14日(日)
場所:横浜文化体育館

 

第14回神奈川県空手道選手権大会参加の報告!

 

大会名:第14回神奈川県空手道選手権大会
主催:極真会館坂本派神奈川県本部
日付:2018年10月14日(日)
場所:横浜文化体育館

 

 

新木場のBumB東京スポーツ文化館にて魁交流試合に参加している中、横浜でも飯田君と菅原君が大会に出場しておりました。

 

当日は空手道MAC西袋道場の西袋先生に2人のサポートを事前にお願いしており、両選手のセコンドにも着いて頂きました。

 

ありがとうございます。

 

まだまだ課題の残る結果だったようですが、次回につなげてもらいたいです。

 

参加した選手、保護者の皆様、西袋先生、お疲れ様でした。
また、大会をご準備下さった、IBKOのスタッフの皆様、ありがとうございました。

 

 

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二      

カテゴリ:大会結果 | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
魁交流試合に初参加!

第3回 魁交流試合参加の報告!

大会名:第3回 魁交流試合
主催:NPO法人 魁
日付:2018年10月14日(日)
場所:BumB東京スポーツ文化館

 

 

ご近所のフルコンタクト空手の道場、『武道空手 練』さんが中心になって活動しております、NPO法人 魁主催の交流試合にお誘い頂き初めて参加させて頂きました。

 

武道空手 練さんは昔から交流させて頂きお世話になっております。

 

今回は交流試合と言うことで、初級者、中級者を対象にしたカテゴリーで、空手道MAC 東京・江戸川道場から14名の選手が出場いたしました。

 

午前は低学年、午後は高学年と2部制で行われましたが、どちらの部にも2名ずつ初出場の選手もいてドキドキしながら見守っておりました。

 

※1年生のめいなちゃんは初出場で1回勝てました!

 

※しょうた君はケガの為、大会出場が遅れましたが、うれしい1勝でした!

 

※齊藤ツインズは兄弟で明暗が…。2人とも頑張りましたよ!

 

午後の部では選手クラスで兄弟で頑張っている大野そら君が、見事に4試合に勝ち、しかも2試合で後ろ回し蹴りで技有を取る活躍で優勝しました!

 

中級クラスですと選手の動きも一段と変わってきますが、そんな中で、けっして大きな身体ではない大野君の見事な4試合での勝利でした!

 

 

稽古でも素直に一生懸命頑張っている成果が結果に現われて嬉しく思います。

 

急に強くなる事はありません!

 

日々の稽古で目的意識をもってコツコツ努力しましょう!

 

参加した選手、保護者の皆様、お疲れ様でした。
また、大会をご準備下さった、NPO法人 魁のスタッフの皆様、ありがとうございました。

 

 

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

 

 

入賞者

 

小学5年生中級クラス 優勝 大野蒼空

 

おめでとうございます!

 

カテゴリ:大会結果 | 21:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
今年も幕張メッセ!!

第12回 JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会の報告!
              
第10回 JKJO全日本空手道選手権大会参加の報告!

日付:2018年10月8日(月・祝)
場所:幕張メッセ・幕張イベントホール
主催:一般社団法人JKJOフルコンタクト委員会
協力:全日本空手審判機構(JKJO)
後援:スポーツ庁・千葉県・千葉県教育委員会・独立行政法人日本スポーツ振興センター・公益社団法人全日本フルコンタクト空手道連盟

 

 

全国を10地区に分けた各地区で1年間をかけて予選を勝ち抜いた選手が幕張メッセ・幕張イベントホールに過去最大の1554名(ジュニア1496名、一般58名)が集まりカラテ日本一をかけて戦いました。

 

空手道MAC 東京・江戸川道場からは中学1年生男子52坩幣紊良瑤鉾單跳が予選を勝ち抜き出場しました。

 

私も例年通りJKJO事務局からの依頼を受け、総合司会を担当しました。

 

 

飯田君の一回戦が140試合目と長い一日になりましたが、朝から受験生の深谷先輩がサポートに来てくれました。

 

深谷君ありがとう!

 

試合は大会を連覇している相手に、手も足も出ない状態でした…。

 

今週のIBKOの大会も控えているので、切り替えて頑張って下さい!

 

今回は会場の都合で1日開催となり運営側も例年に比べ難しかったと思いますが、素晴らしい大会を企画、運営して下さったJKJO事務局の皆様、裏方として働いてくれたJKJO参加道場の有志スタッフの皆様、ありがとうございました。

 

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

カテゴリ:大会結果 | 05:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
型をたずねて1350日

IBKO 第10回 全日本空手道 選手権大会参加の報告!

大会名:IBKO 第10回 全日本空手道型選手権大会
主催:IBKO 国際武道空手道連盟
日付:2018年9月23日(日)
場所:BumB 東京スポーツ文化館 メインアリーナ

 

 

このたび、IBKO 国際武道空手道連盟が主催いたしました、記念すべき10回目となります、全日本空手道型選手権大会に少年部より3名と一般部より栗原が参加して参りました。

 

 

この大会はIBKOに加盟している道場が各地で指定大会や地区選抜大会を行い、そこで選抜枠に選ばれた選手のみ参加できる大会となっており、北は北海道、南は広島県から個人選手308名と49チームの選手が日頃の稽古の成果を競い合いました。

 

マスター男子の部(38歳〜50歳未満)にエントリーしている栗原は1月に行われました、第1回 空手道型演武大会にて、少年部の3名は4月に行われました、城北地区選抜大会にて選抜されての参加です。

 

型大会の結果報告では何度も書いておりますが、空手道MACが行っている型とIBKO主催大会の型では評価基準が若干異なります。

 

その為、私が初めて型大会にチャレンジした2014年から、それまでも近所の道場として出稽古などで交流していた実践空手道 礼心会の大橋師範の下に出向き指導を受けておりました。

 

今回も大会11日前に4人で礼心会に出稽古して、少年部の3人はさらに休み返上で合同稽古まで参加してIBKOの型にシフトチェンジして向かえた当日!

 

4名それぞれの思いが詰まった大会当日です。

 

 

型の大会は組手の大会とはと違った独特の緊張感があります。

 

いかに平常心を保ち普段の稽古通りできるか…。

 

相手は自分自身です!

 

そして、自分の空手道の表現の場です。

 

技が上手いとか下手とかあるかと思いますが、自分の今までの空手道を信じて表現するArtです!

 

そんな思いで大会にのぞみました!

 

今回は私も選手の為、子ども達の撮影は出来ませんでしたが、緊張の中、頑張っている姿を遠くから見守っていました。

 

大会の流れはカテゴリー毎に事前に指定された予選の型を1回行い、採点の結果、上位2名が決勝に進出し予選とは別の決勝の型を行い、決勝戦は5名の審判員による旗判定で勝敗を決めます。

 

少年部3名は惜しくも予選敗退となってしまいました。

 

私は指定された『征遠鎮』の型を予選で行いました。

 

 

足の運びなど少し気になる点もありましたが、出し切った感はあり心地よい疲労感とスッキリとした気持ちになりました。

 

全コートの予選の試技が終わり、全員整列し決勝戦進出者の名前が呼び出されます。

 

この待っている時は本当にドキドキします。

 

マスター男子の部、予選1位で決勝戦に進出する事ができました。

 

決勝戦の試技は『観空』です。

 

 

決勝戦、直前まで出稽古先でお世話になった、礼心会の若林指導員から貴重なアドバイスを頂き演武することが出来て、本当に助かりました。

 

先に私が演武して、対戦相手の極真金町道場の和工田さんの演武を見届けてから審判の旗判定の声を聞きます!

 

『白!1・2・3・4・5!白!』

 

思わず自分の足元の線の色を確認してしまいました…。

 

白でした!

 

2014年に12月21日(日)に栃木県佐野市の山の中の体育館で初めて型の大会に出て5人中4位でスタートした、型のチャレンジでしたが、あの日から1350日目に目標の大会で優勝する事ができました。

 

もちろん、これからも挑戦は続けますが、道場の子ども達や一般部の皆さんとも一緒に頑張れたら、嬉しいです!

 

武道や武術は英語で『martial arts』

 

空手道MAC 東京・江戸川道場のみんなも一緒にカラテ アーティスト目指して頑張りましょう!

 

 

大会に参加した選手、保護者の皆様、お疲れ様でした。

 

応援に駆けつけてくれた加川先生、大会前の忙しい時にご指導下さった礼心会の大橋師範、若林指導員、道場生の皆様、大会を運営して下さったIBKOスタッフの皆様、ありがとうございました!

 

あとは、大会前日に水筒を道場に忘れてくれた、えいたろう君!ありがとう!

 

なぜか?

 

それは大会6日前の茨城県北部の山の中の出来事から始まっていました。

 

その日は年に1度のバイクの一人旅の2日目、職場の梶村さんのオススメで日本一高い(100m)バンジージャンプを実行する為に、吊橋の上に立っていたのです。

 

この旅に行く数日前に、えいたろう君のお母さんと道場前での雑談でバンジージャンプをする事を話しておりました。

 

大会の前日、えいたろう君は水筒を道場に忘れてしまい、稽古後、お母さんが水筒を道場に取りに来ました!

 

その時の雑談でバンジージャンプの報告と明日の型の大会は『緊張するんですよ〜!』との話しをしたところ、えいたろう君のお母さんから、日本一高いバンジージャンプを飛んだのだから、その度胸があれば、型の試合の緊張も大丈夫ですよ〜!と言われました!

 

その話しを聞いた、単純な頭の構造の私は『その通りだ!』と妙に納得し、翌日の型の演武前も心の中で100m飛び降りたのだから大丈夫!と言い聞かせた所、いつもの緊張MAXではなく程よい緊張感で試技に臨めました。

 

つまり、えいたろう君が水筒を忘れてくれたお陰で、お母さんの助言が生まれた訳です!

 

えいたろう君!ありがとう!

 

 

型で緊張してしまう人! 飛べばわかるさ!

 

押忍!

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

カテゴリ:大会結果 | 17:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
<< | 2/13PAGES | >>