<< 明後日から12月!気温5℃のマラソン大会! | main | 1月のお休み案内 >>
17年前にスタートした慰問演武発表会!今回で何回目だろう?

特別養護老人ホームきく 慰問演武発表会の報告!


日付:2019年11月30日(土)
場所:特別養護老人ホームきく 1Fホール

参加者
1年生…山本君、白谷君
2年生…飯田君、小川君、西俣君
3年生…中村君
4年生…小野君、内田さん、大場君
5年生…菅原君、高橋君
                     以上11名

 

 

秋の恒例、空手道MAC 東京・江戸川道場少年部によります、慰問演武発表会が『特別養護老人ホーム』にて盛大に行われました。

 

少年部は近隣の老人介護施設の『ジェロントピア菊華』と『特別養護老人ホームきく』へ1年交替で慰問発表を行っており、今年は『特別養護老人ホームきく』の順番となりました。

 

2年前は雨の中、傘を差しながら向かった記憶があります。

 

今年は快晴!

 

事前に道場にて慰問の目的と内容を小学生に伝えてリハーサルを行いました。

 

 

立ち位置の確認や全体の流れを一通り確認しました。

 

 

※お〜い! リンノスケどこ見ているんだ〜!

 

※入門3ヶ月の西俣君(白帯)の正拳突き!上手! 右と左が逆の子が…

 

10分前に道場を出発!

 

 

 

 

到着後は用意して頂いた控室でご利用者の準備が整うまで待機して本番を迎えました。

 

慰問演武の全体の流れはこんな感じです!

 

ヾ靄楫慮

移動稽古

7新慮

ぅ潺奪搬任

ゥ魅鵐船礇

α伴

Щ遒軍笋

 

 

◎入場〜基本稽古

 

 

 

 

 

◎移動稽古

 

※低学年チーム

 

※高学年チーム

 

◎型演武

 

※オレンジ帯チーム

 

※青帯

 

※4年生チーム

 

※紺帯チーム

 

◎ヌンチャク演武(月曜日の空手術メンバーにて)

 

※基本10動作

 

※ヌンチャクの型

 

 

◎模範組手(高橋君 VS 菅原君)

 

 

 

 

この模範組手の後にメインイベントの試し割りをしようと思いマイクで説明していたところ、子ども達から『先生!ミット打ち!やってません!』との情報が入り、はじめて『ミット打ち』を忘れていた事を…。

 

本当は型演武の後にミット打ちを披露する予定でしたが、飛ばしてしまったのでした…。

 

私の緊張感の欠如からくるミスで、芸人『ですよ。』ばりにマイクで軽く謝罪しました…。

 

 

◎ミット稽古披露

 

※高すぎるミットを見上げるミツキ君!

 

 

 

◎試し割り

 

 

 

※高すぎる板を見上げるミツキ君!

 

※普段の組手で見た事がない、リンノスケ君のカカト落し!組手でも使ってね!

 

全員、見事! 試し割り成功!

 

最後は栗原も一緒に全員でご利用者様の健康とご長寿を祈念して、正拳中段突き10本で慰問演武発表会を締めました!

 

 

利用者の皆様はひ孫世代の子ども達の元気な演武に拍手や声援をたくさん送って下さり、本当にありがとうございました。

 

場所がかわっただけでいつもの空手が、これだけのパワーを生み出します!

 

子ども達の小さな自信に繋がった事でしょう!

 

空手道MAC 東京・江戸川道場では、この小さな自信の積み重ねを大切にしていきたいと思っております。

 

ご利用者の皆様、施設職員の皆様、あたたかいご声援、拍手ありがとうございました。

 

今回の慰問演武発表会も『Win!Win!』でした!

 

道場に戻ってハイポーズ!

 

 

元気に演武できた子ども達! おつかれさま!

 

このような機会に送り出して下さった保護者の皆様、ご協力ありがとうございました。

 

急遽、カメラマンを快く引き受けてくれた、中学生の櫻井君! ありがとう!

 

 

空手最高!

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

カテゴリ:行事報告 | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - |