<< 空手あり、登山あり、大仏ありのハイブリッド合宿! | main | 学びの心は忘れずに!停滞は後退! (狭山道場&三鷹武蔵野道場 合同審査会 編) >>
徒歩2分の素晴らしいステージ!!

介護老人保健施設 ジェロントピア菊華 慰問演武発表会の報告!


日付:2018年11月10日(土)
場所:介護老人保健施設 ジェロントピア菊華

参加者
1年生…山田君
2年生…小川君、中村君、平井君、岸君
3年生…大野(り)君、小野君、比嘉さん、内田さん、大場君、龍澤さん
4年生…高橋君
5年生…大野(そ)君、鹿野君
6年生…日野君
                   以上15名

 

秋の恒例、空手道MAC 東京・江戸川道場少年部によります、慰問演武発表会が『介護老人保健施設 ジェロントピア菊華』にて盛大に行われました。

 

時期的に学校行事と重なり、参加できなかった道場生も何名かいましたが、元気な道場生15名が地域で暮す施設利用者の皆様の健康とご長寿を願い元気を届けに行って参りました。

 

道場でのリハーサルを終えて徒歩にて施設へ向かいます!

 

施設にはステージがあり、ステージ前には続々と利用者の皆様が集まってきました。

 

控え室からステージに向かう途中、アクシデントがありましたが、無事にステージへ向かい栗原の挨拶の後、全員舞台に立ちました。

 

 

この時点でたくさんの声援や拍手を頂きました!

 

演武の内容は以下の通りです。

 

ヾ靄楫慮

移動稽古

7新慮

ぅ潺奪搬任

ゥ魅鵐船礇

α伴

Щ遒軍笋

 

全体の基本稽古です。

 

 

 

 

白・オレンジ・青帯チームの移動稽古です。

 

 

黄・紺帯チームの移動稽古です。

 

 

帯ごとに型を披露しました!

 

 

 

 

型の後は全員でハンドミットに向かって回転系の蹴り技を中心にミット蹴りです!

 

 

 

月曜日の空手術クラスのメンバーでヌンチャクの技と型を披露しました。

 

初級動作・中級動作から始まり、ヌンチャクの型機兇鬟哀襦璽廚瓦箸帽圓い泙靴拭

 

月曜日クラスの参加者の多くは初級動作、型気鮟得し中級動作や型兇出来る道場生も増えてきました!

 

 

 

 

 

選手クラスで頑張っている大野君と鹿野君の模範組手です!

 

 

ステージの後ろの壁が障子のようになっていて、大野君と鹿野君が近づくたびに小声で『壁から離れて!』と叫んでいました!

 

模範組手の後は子ども達が一番緊張したと言っていた試し割りです!

 

紺帯の日野君と大野君が板の持ち手になりそれぞれ自分で決めた技で板を割りました!

 

リハーサルとは違う技に急遽ステージ上で変更した子もいれば、お約束の頭突きで板を割った子もいて拍手喝采の試し割りでした!

 

※入門したばかりの山田君もとっても頑張っていました!

 

 

※毎回、頭突きでの試し割り盛り上がります!

 

※5〜6年生は一人ずつ試し割りを行い、全員回転系の難しい技にチャレンジしました!

 

最後に栗原もステージに上がり子ども達と一緒に正拳中段突き10本で慰問演武会を締め括りました!

 

 

毎回の事ですが、利用者の皆様はひ孫世代の子ども達の元気な演武に拍手や声援をたくさん送って下さり、子ども達にとってはいつもの道場の空手が何倍にも膨れ上がった経験となり、小さな自信に繋がった事でしょう!

 

空手道MAC 東京・江戸川道場では、この小さな自信の積み重ねを大切にしていきたいと思っております。

 

ご利用者の皆様、施設職員の皆様、あたたかいご声援、拍手ありがとうございました。

 

今回の慰問演武発表会も『Win!Win!』でした!

 

道場に戻ってハイポーズ!

 

 

元気に演武できた子ども達! おつかれさま!

 

このような機会に送り出して下さった保護者の皆様、ご協力ありがとうございました。

 

急遽、カメラマンを快く引き受けてくれた、HSJミズホさん! ありがとう!

 

 

空手最高!

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

カテゴリ:行事報告 | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - |