<< 7月のお休み案内 | main | 今年の夏休みも合宿で楽しみましょう! >>
学びの心は忘れずに!停滞は後退!(健康運動実践指導者 編)

お世話になっております。

 

 

写真は先日、道場に届いた、公益財団法人 健康・体力づくり事業財団が認定いたします、『健康運動実践指導者』の登録証になります。

 

この資格は20歳の時にスポーツクラブのインストラクターを目指して、茨城の田舎から東京の専門学校に入学して卒業後の社会人2年目の平成10年5月に取得した資格です。あれから20年ですね!

 

健康運動実践指導者は地域やスポーツクラブなどで運動指導する上で必要な知識や技術を要する事を認定する資格です。

 

専門学校在学中に筆記試験は受かったものの、人前で話す事が苦手だったため実技の集団指導(当時はウォーキング指導でした)は不合格となり、就職してから実技だけ再受験して合格できた思い入れのある資格になります。

 

以来、5年に1度の更新を欠かさず続けております。勿論、更新には必要な単位があり座学や実技の講習会に参加して自己研鑽に努めております。

 

スポーツクラブに在職中は、SAQインストラクターNSCA-CPT(パーソナルトレーナー)の資格も取得しましたが、現在はNSCA-CPTのみ継続的に更新を続けております。

 

こう言った健康・運動系の資格は道場にて空手を指導する上でも、理論に基づいて指導できるため非常に役立っております。

 

フルコンタクト空手ですから、精神論、根性論も必要ですが、ベースとなる科学的な理論を知ったうえでの指導が大前提です!

 

これからも引続き、道場生の為になる指導を心掛けていきたいと思います!

 

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

 

カテゴリ:停滞は後退! | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - |