<< 2018 GWの前半は大会2連戦!(型の試合編) | main | 6月のお休み案内 >>
2018 GWの前半は大会2連戦!(組手の試合編)

Full-Contact Challenge 2018 参加の報告!

(第12回 JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会・選抜指定大会)


大会名:Full-Contact Challenge 2018
主催:(社)JKJOフルコンタクト委員会・関東事務局
日付:2018年4月30日(月・祝)
場所:川崎市とどろきアリーナ(サブアリーナ)

 

 

会場の都合で例年よりも開催時期が早まりました、第12回 JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会(10月8日(月・祝)幕張メッセ・幕張イベントホール)の選抜指定大会となります、Full-Contact Challenge 2018が川崎市とどろきアリーナ(サブアリーナ)にて開催されました。

 

 

空手道MAC 東京・江戸川道場から一般部の飯田君(中学1年生)が参加いたしました。

 

私も総合司会&Bコートの主審として大会をサポートさせて頂きました。

 

選抜指定大会となりますので、既に各地区の代表権を取得した選手や関東地区以外の選手も参加できる為、ハイレベルな戦いが繰り広げられました。

 

主審をしながら選手の闘いを間近で見ていますと、勝ち上がる選手はパンチの強さは当たり前ですが、相手や試合の展開に応じて要所要所でポジションをかえたり、的確な蹴りを出しています。

 

試合を目指す選手は自分の試合動画をチェックして比較検証してみるといいでしょう…。

 

今回、参加した飯田君も自分よりも大きな相手と戦う事が多いですが、同じパターンで負ける事が続いていますので、勝負よりも内容を優先して戦うといいのではないでしょうか…。

 

参加した選手、保護者の皆様、お疲れ様でした。
また、大会をご準備下さった、JKJO関東事務局のスタッフの皆様、ありがとうございました。

 

※一人の参加でしたがお疲れ様でした。

 

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

カテゴリ:大会結果 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - |