<< 4月のお休み案内 | main | 記念すべき第1回大会でした! >>
記念すべき20周年大会でした!

第20回 ジャパンカップ ジュニア空手道選手権大会参加の報告!


大会名:第20回 ジャパンカップ ジュニア空手道選手権大会
主催:空手道MAC事務局
日付:2018年3月4日(日)
場所:横浜文化体育館

 

 

空手道MAC事務局の一大イベント!『ジャパンカップ』が今年も盛大に開催されました!

 

お気付きかと思いますが、今年は会場がプールではありません!

 

なんだか第6回大会から15年もプールでジャパンカップをしてきたので、当日は違う流派の大会をMACが手伝っている感覚に陥りました…。

 

しかし、紛れも無く空手道MAC事務局主催の『ジャパンカップ ジュニア空手道選手権大会』です!

 

今回は20周年記念大会として、MACの歴史を感じる大会となりました。MACの歴史だけでなく、ジュニア空手の歴史と言っても過言ではありません…。

 

K-1で活躍するアノ選手もRIZINで活躍するアノ選手もかつてはMACジャパンカップで優勝して実績を積み重ねていました。

 

また、今大会の審判員の先生方にも、かつてジャパンカップで活躍された先生方が多数みられました!

 

今大会のパンフレットには第1回大会から20回大会までのパンフレットの表紙が掲載され、懐かしく思いましたが、大会自体も今では当たり前となった、帯別のカテゴリー分けや体重別、映像や音響を使った演出、スピーディーな進行、審判技術の徹底などなど…。

 

MACのジャパンカップから広まったシステムは忘れてはいけない事だと思います。

 

勿論、大会の主役は今を頑張る選手達ですが、20年の歴史には先人達の地道な努力や創意工夫があってのことだと言う事を忘れないで欲しいと思いました。

 

私も第1回大会から裏方として携われて誇りに思いました。

 

という事で、終わりのまとめみたいな文章になってしまいましたが…。

 

我が道場!『空手道MAC 東京・江戸川道場』からは選手クラスより3名の選手が出場しました!

 

後日、試合動画を確認しましたが、稽古以上に動きは良いですが、上段ガードであったり、間合いを外すリズムであったり試合の勢いにのまれて冷静さに欠けた部分が見受けられたので、自身でも動画を確認して次回の参考にしてもらいたいと思います。

 

既に1月からJKJOの本大会の予選は始まっておりますので、計画的に頑張って行きましょう!

 

大会には選手とは別に7名の裏方がスタッフとして参加してくれました。休みのところありがとうございました。

 

大会に参加するにあたって、一緒に稽古してくれた仲間や先輩、当日に裏方として働いてくれた道場の仲間があっての大会ですので感謝の気持ちを忘れずに頑張りましょう! そしてお父さん、お母さんにも感謝を忘れずに!

 

当日、応援に来てくれた大野兄弟もありがとう!

 

最後に大会を企画、運営して下さった空手道MAC事務局ならびに当日運営スタッフとして働いてくれました各支部有志の皆様本当にお疲れ様でした。また、ありがとうございました。

 

空手最強!

 

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

カテゴリ:大会結果 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - |