<< 2月のお休み案内 | main | 毎年開催! 15回目!! >>
One for all  All for one でしたね!

第2回 関東ルーキーチャンピオン空手道選手権大会参加の報告!


大会名:第2回 関東ルーキーチャンピオン空手道選手権大会
主催:拳友会中山道場
日付:2018年1月14日(日)
場所:BumB東京スポーツ文化館メインアリーナ

 

 

今年最初の大会は、昨年もお世話になりました、拳友会中山道場主催の関東ルーキーチャンピオン空手道選手権大会です。

 

 

同時開催の武神ランキングポイント大会の参加者を合わせると583名の選手が参加する大きな大会です。

 

 

空手道MAC 東京・江戸川道場からは選手クラスだけでなく少年部から中学生まで広く参加を募集したところ、なんと17名の道場生がチャレンジしてくれました! (残念ながら2名欠場)

 

普段は審判員で大会に協力させて頂いておりますが、今回ばかりは17名、全て初心クラス、初級クラスの参加者なので当日の混乱が予想されたため、空手道MAC 千葉・市川道場の繁田初段に審判員を代わってもらい大会では選手と保護者の皆様のサポートに回りました。

 

参加した組手試合にて審判員をしないで選手のサポート(セコンドなど)役で動いたのは何年振りでしょうか…。

 

15名が複数のコートで同時進行で試合をする為、選手のサポートに一般部の國米初段、小川君、少年部の菅原さん、飯田くんなど試合に出場しないメンバーも来てくれて、初心、初級クラスのメンバー助けてくれました。

 

ありがとう! おつかれさま!

 

初心、初級クラスのメンバーですので初出場組やMACの交流試合しか経験の無い選手が多数を占めていたため、選手も保護者も緊張感がヒシヒシと伝わってきました。

 

幼児、1年生から徐々に学年が上がって行く中で苦戦を強いられておりましたが、初級4年生の大野君が見事!3回勝ち抜き決勝戦まで進出しました!

 

セコンド以外は応援できない大会のルールでしたが、参加道場生と保護者みんなで決勝戦を見守り『空手道MAC 東京・江戸川道場』が一体となった試合で、道場の旗で謳っている『One for all All for one』を感じる事ができた一時でした!

 

残念ながら準優勝となりましたが、小さな身体で果敢に後回し蹴り繰出して行く組手スタイルに感動しました!

 

出場メンバーは緊張の中、最後まで諦めずに戦う事が出来たので勝敗に係わらず感動できました!

 

是非、空手以外の事でこの経験が活かされる日が増えると嬉しいです!

 

選手のみんなが頑張る舞台には、主催団体のスタッフも含め道場の仲間や保護者の皆様の協力があってこその輝ける舞台である事を再確認できた良い一日でした!

 

夜のビールも美味しかった!

 

参加した選手、保護者の皆様、応援、サポートに来てくれた先輩達、お疲れ様でした。
また、大会をご準備下さった、武神関東地区道場のスタッフの皆様、ありがとうございました。

 

 

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

 

 

入賞者

 

初級クラス小学4年生男子30kg以上の部 

 

準優勝 大野蒼空

 

おめでとうございます!

カテゴリ:大会結果 | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - |