全員で応援できる大会です!

平成29年度 千葉県空手道交流試合参加の報告!

大会名:平成29年 千葉県空手道交流試合
主催:極真会館 手塚グループ 千葉県本部
日付:2017年6月18日(日)
場所:浦安市運動公園 総合体育館武道場

 

 

毎年、参加させて頂いております、極真会館手塚グループの千葉県交流試合に空手道MAC江戸川支部より少年部6名、一般部より中学生が1名参加してきました。

 

今回は湘南支部の加川先生にお声掛けして湘南支部より1名(渡邉くん)の参加もありました。

 

1月に手塚会長がご逝去され新しい体制となった初めての大会でしたが、例年同様、手塚グループの各道場の皆様のご尽力でおおいに盛り上がった大会となりました。

 

今回は選手クラスだけでなく、交流試合と言う事もあり、通常のクラスで稽古している子ども達にも参加を募り、初出場が3名(小倉くん、中村くん、生田目くん)のハラハラドキドキの試合も見られました。

 

また、普段は上級の大会に出場している選手クラスの6年生の菅原さんと飯田くんに選手のサポート係をお願いして動いてもらい、中学生の田中くんのサポートとして深谷くんも部活の試合の合間に来てくれてとても助かりました。

 

試合前のアップからセコンド、試合後のフォローまで自主的にサポートしてくれてありがとう!

 

 

 

 

 

 

この大会は全員で応援できるのも魅力で仲間の試合をみんなで声を張り上げながら応援する!

 

すごく一体感が生まれて試合をしている子ども達にとっても力強いと思います。

 

自分の試合以外でも学べる事はたくさんあると感じました。

 

試合内容も初出場の生田目くんが参加者が全員自分よりも帯が上の中、3位決定戦でも黄帯の選手に技有を奪い見事!3位入賞!

 

1年生の初出場の小倉くん、中村くんも緊張の中、頑張りました!悔し泣きも見られたので次に繋がると思います!

 

大野兄弟も体格差を跳ね返し大健闘しました!蒼空くん優勝おめでとう!

 

巧夢くんはパンチが大振りになってしまった隙をつかれてしまいました…。また選手クラスでコツコツ頑張ろう!

 

田中くんは2度目の対戦で前回以上に稽古にも気合が入りましたが、またしても上段のガードが…。悔しかった…。

 

湘南支部の渡邉くんも小さい身体で向かっていくファイトスタイルでとても良かったですね!

 

参加したみんなは、今日の勝った!負けた!で終らないで、次の目標を作って普段の稽古からまた頑張りましょう!

 

参加した選手のみんな、サポートしてくれた道場の仲間、保護者の皆様、そして大会運営をして下さった極真会館手塚グループの関係者の皆様、お疲れ様でした。

そして、ありがとうございました。

 

 

 

 

空手道MAC江戸川支部

支部長 栗原啓二

 

 

入賞者

 

小学3年男子の部  第3位  生田目 哲昇

 

小学4年男子の部  優勝   大野 蒼空

 

おめでとうございます!

カテゴリ:大会結果 | 20:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
極真会館坂本派 第16回 全国ジュニア空手道選手権大会の報告!

極真会館坂本派  第16回全国ジュニア空手道選手権大会の報告!

大会名:大会名:第16回 全国ジュニア空手道選手権大会
主催:極真会館坂本派 神奈川県本部
日付:2017年5月14日(日)
場所:横浜文化体育館

 

 

5月の恒例、極真坂本派主催全国ジュニア大会に空手道MAC江戸川支部選手クラスより3名が出場してきました。

 

 

 

当日、私は第4回JFKO全日本フルコンタクト空手道選手権大会に審判員として参加していた為、3名は空手道MAC横浜中山支部の西袋先生にお世話になりました。

 

ありがとうございました。

 

3名は惜しくも初戦敗退となりましたが、動画を見せてもらった菅原さんの組手は優勝した選手をパンチのプレッシャーでしっかりと攻撃して自由稽古で竹澤真吾さんや竹澤勇真くんに受けたアドバイスが出来ていました。

 

今後は攻撃とディフェンスのバランスを考えてみましょう!

 

菅原兄弟も後で動画を見せて下さい!

 

日々の道場での稽古が空手の基本です。

 

全力で真剣に取り組んで流した汗は嘘をつきません!

 

参加した選手、保護者の皆さま、お疲れ様でした。

 

セコンドに付いて下さった西袋先生、中山支部の先輩ありがとうございました。

そして、戦った相手の皆さん、大会をご準備くださった極真坂本派のスタッフの皆さまありがとうございました。

 

※悲しい顔をしないで次回へ向けて頑張ろう!

 

 

空手道MAC江戸川支部

支部長 栗原啓二

カテゴリ:大会結果 | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
200回と359回の集大成!

第9回 IBKO全日本空手道型選手権大会参加の報告!

大会名:第9回 IBKO全日本空手道型選手権大会
主催:IBKO 国際武道空手道連盟
日付:2017年4月2日(日)
場所:国立代々木競技場第二体育館

 

 

極真会館坂本派が中心となり活動していますIBKO(国際武道空手道連盟)が主催しております全日本空手道型選手権大会に空手道MAC江戸川支部から2名(菅原さん、栗原)が参加して参りました。

 

 

この大会は2月に栃木県にて行われた予選を経て本戦(今大会)にたどり着きました。

 

私と菅原さんは年明けからの集中的に型の強化に取り掛かり、本戦までの3ヶ月間、とても充実した型稽古をする事が出来ました。

 

前日も動画を撮り最終チェックして当日をむかえました。

 

単純に回数だけではありませんが、菅原さんは『359回』大会までに型を繰り返して臨みました!

 

当日は各地の予選を勝ち抜いた個人選手255名と団体44チームが一堂に会し、開会式にて先日、出稽古でお世話になった礼心会の選抜メンバーによる演武が披露され大会に華を添えました。

 

 

 

 

開会式終了後、指定された型の演目をバックスペースで行い本番を待ちます。

 

先に栗原の出場したマスター男子 の部(38歳以上50歳未満) が始まりました。

 

指定の型は『観空』です。

 

2月の予選では試技の最中、気持ちが乱れ終始不安の中で型の試技を行ってしまったので、今回はとにかく落ち着いて道場の稽古通り行う事をテーマに臨みました。

 

 

 

 

 

約1分半の試技の最中は2月の予選とは違い、慌てる事なく稽古中に道場生の前で行った時と同じ心の持ち様で臨めました。

 

終わった後は充実した達成感を迎える事ができました。

 

私の試技が終わり数分後に斜め後ろのBコートで菅原さんの『撃砕大』の試技が始まりました。

 

 

 

 

菅原さんは少し騎馬立ちの腰の位置が高くなってしまったと反省していました。

 

しかし、2人とも大きなミスも無く無事に予選の試技を終えお昼ごはんを食べて午後からの決勝戦進出者の発表を待ちます。

 

若干進行表よりも送れて15時半に各クラスの決勝戦進出者が発表されます!

 

結果…

 

 

2人とも

 

『クヤシイデス!』

 

 

残念ながら我々の名前は呼ばれませんでした…。

 

菅原さんも始めての全日本大会出場!

 

私も空手を始めて24年11ヶ月にして益々、空手の奥の深さを知り俄然やる気が増してきました!

 

実際、当日はかなり落ち込みましたが…。

 

 

 

大会に参加した菅原さん、引率のお母様、IBKOスタッフの皆様、お疲れ様でした。

 

また、出稽古でご指導下さった大橋先生ありがとうございました。

道場生のみんなも、型の稽古も一緒に頑張りましょう!

月曜日の基本クラスは約束組手、金曜日の基本クラスは型を多めに行っています。16時からと高学年には少し早めの時間かもしれませんが、空手道の土台が詰まった稽古ですよ!

 

来年はもっと沢山で出場できるように頑張りましょう!

 

空手最高!

 

空手道MAC江戸川支部

支部長 栗原啓二

カテゴリ:大会結果 | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
押忍!スパスィーバ!を覚えて会場に向かいました!

KARATE GRANDPRIX 2017

第4回KWF国際空手道選手権大会参加の報告!

大会名:KARATE GRANDPRIX 2017 第4回 KWF国際空手道選手権大会
主催:KWF日本本部(極真会館千葉田中道場)
日付:2017年3月26日(日)
場所:千葉ポートアリーナ(千葉市)

 

 

春を忘れる冷たい雨の日曜日にKWF日本本部主催の第4回 KWF国際空手道選手権大会に空手道MAC江戸川支部少年部選手クラスから2名の選手(菅原兄弟)が出場し私も審判員として大会に協力させて頂きました。

 

事前のトーナメント表の発表で兄の菅原君の相手が国際大会らしくロシア人でした!

 

空手道MAC江戸川支部では過去に若松君と竹澤君が大会でロシア人と戦っていますが、二人とも勝利しております!

 

菅原君にはついてるね〜!

 

と、言いましたが本人は複雑な表情をしておりました…。

 

試合は弟の菅原君から始まりましたが、上段の蹴りを2回もらってしまい敗退してしまいました。

 

少年部の大会は上段への攻撃はポイントになるのでガードの重要性がカギとなります。

 

今後の大きな課題にしましょう!

 

兄の菅原君はアグレッシブなロシアの少年の攻撃に耐えながら事前に確認した技を果敢にだしていましたが、距離や高さが足りずに技有には繋がりませんでした…。

 

しかし、必死に稽古した技を出し続けたことは大きな成果だと思います。

 

今後は圧力に負けない体幹の強さを徐々に身に付けていきましょう!

 

映像をしっかり見て次回に向けて工夫や研究しましょう!

 

私は主審を終えて国際大会恒例の外国人とのコミュニケーションタイムを行いました。

 

この日の為に、自身で買ったファイト&ライフ(格闘技専門誌)のバックナンバーを5冊持参し、外国人にプレゼントしました!

 

今回はブルガリアの選手団にプレゼントしました。

 

選手団の中にはサポートとして来日していた極真松井派世界チャンピオンのザハリ・ダミヤノフ選手もいました。

 

最初は謎の日本人がニヤニヤしながら近付いて来て、プレゼント フォーユーとか言っていたので、かなり怪しまれていましたが、ファイト&ライフのダミヤノフ選手の記事を選手団に見せると笑顔で受け入れてくれました。

 

一緒にいた極真坂本道場の藤沢さんの2回戦の相手も選手団の中にいて2人で片言の英語で何とか国際交流をはかりました!

 

大会も非常にレベルの高い試合が続き空手ファンとしても楽しい一日となりました。

 

また、他流派ですが一般男子中量級の決勝戦まで勝ち進んだ相模原鈴木道場の蓑島くんの久しぶりに活躍している姿を見れて嬉しかったです。幼少期に大会で活躍していましたが、近年、全く名前を見る機会がなくなっていたので、またこうして空手を再開してくれて嬉しく思います。

 

出場した菅原兄弟、保護者の皆様、お疲れ様でした。

最後に国際的な大きな大会を企画、運営して下さったKWF日本本部のスタッフの皆様、ありがとうございました。



※悲しい顔しないでまた次も頑張ろう!

 

 

空手道MAC江戸川支部

支部長 栗原啓二

カテゴリ:大会結果 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
選手もスタッフも頑張りました!

第19回 ジャパンカップ ジュニア空手道選手権大会参加の報告!

大会名:第19回ジャパンカップ ジュニア空手道選手権大会
主催:空手道MAC事務局
日付:2017年3月5日(日)
場所:横浜国際プール・メインアリーナ

 

 

2004年の第6回大会から今大会まで横浜国際プール・メインアリーナにて行われている空手道MAC事務局主催のジャパンカップジュニア空手道選手権大会も19回目を迎えました!

 

開会式には元内閣府特命担当大臣で衆議院議員の河野太郎先生が来賓としてご挨拶されたり、参議院議員の三原じゅん子先生から祝電が届いたりと空手道MACが今まで培ってきた大会の歴史や団体の努力が物語っているようです。

 

もちろん偉い先生が来たから単純にスゴイって訳でもないですが…。

 

 

さてメインの大会の方ですが空手道MAC江戸川支部少年部選手クラスから5名の選手が、一般部から14名のスタッフが大会をサポートしました。

 

選手は日頃の稽古で取り組んでいる各自の課題をクリアすべく、スタッフの皆さんも空手道MAC『愛』を実行すべくそれぞれ一日頑張りました。

 

選手諸君は出来た事、出来なかった事を曖昧にしないで次回に向けて計画をまた立てましょう!

 

※みんなおつかれさま! 後に小さく見える主審は私です…。

 

 

スタッフの皆様もお休みの所、朝早くからありがとうございました。

 

今回は特に中学生達のスタッフも多くいましたが、必ず社会勉強になったはずです。

 

※お弁当&ゴミ係りをしてくれた中学生達です!

 

ご指導頂いた、愛知小牧支部の稲垣先生ありがとうございました。

 

 

大会に参加するにあたって、一緒に稽古してくれた仲間や先輩、当日に裏方として働いてくれた道場の仲間があっての大会ですので感謝の気持ちを忘れずに頑張りましょう! そしてお父さん、お母さんにも感謝を忘れずに!

最後に大会を企画、運営して下さった空手道MAC事務局ならびに当日運営スタッフとして働いてくれました各支部有志の皆様本当にお疲れ様でした。また、ありがとうございました。
 

空手最高!

 

空手最強!

 

空手道MAC江戸川支部

支部長 栗原啓二

カテゴリ:大会結果 | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
栃木県にイチゴ狩りではなく、型の試合に行ってきました!

IBKO第9回全日本大会選抜 第8回栃木・群馬県本部型選手権大会参加の報告!

大会名:第9回全日本大会選抜 第8回 栃木・群馬県本部型選手権大会
主催:極真会館坂本 栃木・群馬県本部
日付:2017年2月19日(日)
場所:真岡市武道館(真岡市)
 

 

今年は代々木第二体育館改修工事の都合で4月に開催される、IBKO主催の全日本型選手権大会の選抜大会に昨年同様、参加して参りました。

 

一昨年、昨年と1人での大会参加でしたが、今年は空手道MAC江戸川支部少年部の菅原さんと空手道MAC湘南支部の加川先生、少年部の岡村さんが参加し空手道MACからは4名の参加となり心強い大会となりました。

 

昨年同様、前日の一般部の稽古は國米初段にお願いし、会場から車で40分程度の実家に泊まり体調を整えました。

 

途中、『かっぱ寿司』で腹ごしらえをして実家に帰りましたが、実家でも夕食が用意してありお腹いっぱいになりエネルギー満タンです!

 

当日、実家の回りは雪景色に変わっていましたが、幸い車の運転には支障が無い程度で助かりました!

 

会場では早くも選手たちがアチコチで準備を始めています!

 

 

チームMACもウォームアップを徐々に始め、試合に備えます!

 

菅原さんのエントリーしたクラスは参加者が多くいましたが、私のエントリーしたマスターズ男子(38歳以上50歳未満)は2名のエントリーでした…。

 

私はAコートの20試合、菅原さんはBコートの最後の方です。

 

昨年の反省を踏まえ、試技の前は守りに入らずに攻めの型をイメージしながら自分に言い聞かせました。

 

今回、指定された型は『観空』です。空手道MACの昇段審査会でも昨年行った型です。

 

試技を終え、人生思い通りにならないと痛感しました…。

 

今回は2名のエントリーで一発勝負ですので、余計に悔しくなりました…。

 

気持ちを切り替えて菅原さんのアドバイスをして試技を見守ります!

 

 

菅原さんは指定された型『撃砕大』を堂々と稽古よりも上手に出来ていました!

 

個人戦が終わり、団体の型を見学し各カテゴリーの決勝進出者の発表を待ち(私は2名のエントリーの為、決勝はなし)最後に表彰式で結果を待ちます。

 

テーブルの上を見るとメダルは1個…。

 

ドキドキしながら発表を待ちます。

 

なんとか名前を呼んでもらえました!

 

対戦した極真坂本道場の松本さんとは4月の本戦も頑張りましょう!と約束しました!

 

そして、菅原さんが入賞こそ逃したものの、上位の結果の為、4月の本戦に出場できる代表権を獲得出来ました!

 

大会までの1ヶ月間で『137回』の型を繰り返した成果が実りました!

 

よかったですね!

 

 

 

4月の全日本型大会まで1ヶ月ちょっとしかないので、菅原さんと稽古を重ね頑張ります。

 

大会を企画、運営して下さった極真会館坂本派 栃木・群馬県本部のスタッフの皆様、ありがとうございました。

 

帰りは栃木県と言えば『とちおとめ』と言う事で会場から車で数分のイチゴ園にイチゴ狩りに行ってきました!

 

 

前日、偶然ラジオで聞いたのですが30個くらい食べれば元は取れるという事だったので、菅原さんと30個目標にビニールハウスへ移動します!

 

 

広〜いハウスはほぼ貸切状態です!

 

このイチゴ園は時間制限がありません!お店の人の話しでは休み休み半日くらいいた人もいたとか…。

 

我々はハイペースでパクパク!

 

結果…。

 

栗原43個!

 

菅原さん60個!

 

元は確実にとりましたね!

 

帰りにお腹が痛くならないかお母さんが心配していました!

 

イチゴパワーで4月も頑張りましょう!

 

イチゴ最高!

 

型!奥深い!

 

 

空手道MAC江戸川支部

支部長 栗原啓二

カテゴリ:大会結果 | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
11月の本戦に向けて選手クラスの戦いが始まりましたよ!

第11回 JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会
関東地区選抜大会参加の報告!


大会名:第11回 JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会 関東地区選抜大会
主催:JKJO関東地区事務局

主管:拳友会 中山道場
日付:2017年1月29日(日)
場所:霞ヶ浦文化体育館

 

 

はやくも11月18日(土)〜19日(日)に幕張メッセイベントホールにて行われます、第11回大会の予選が始まりました!

 

 

空手道MAC江戸川支部少年部選手クラスから2名(1名はインフルエンザの為、欠場)の選手が出場し、私もBコートの主審として大会に協力させて頂きました。

 

大会前に昨年の同じ時期の体育館の寒さが頭をよぎり覚悟を決めて会場に向かいましたが、今年は会場に6台の大型ストーブが用意され、審判の合間に暖をとる事ができました。JKJO事務局の皆様、ありがとうございました。

 

昨年のこの大会からJKJO関連の試合はセコンドが無しになりましたが、選手達は自分で考えて組手の流を作る事を学べる良い機会ではないかと思います。

 

出場した2名は残念ながら初戦敗退となりましたが、自分の試合前の課題と当日の動きを見比べて、その足りない部分を日々の稽古で埋める作業をしていきましょう!

 

11月の本戦まで関東地区の代表権獲得の戦いの舞台はまだまだ続きます。

 

一緒に頑張りましょう!

 

参加した選手、保護者の皆様、お疲れ様でした。
また、大会をご準備下さった、JKJO関東事務局のスタッフの皆様、当日の主管を務めた拳友会のスタッフの皆様、ありがとうございました。

 


※表彰台には乗れなかったけど場所だけ拝借いたしまた…。おつかれさま!

 

 

空手道MAC江戸川支部

支部長 栗原啓二

カテゴリ:大会結果 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
初めてのチャレンジ!

第1回 関東ルーキーチャンピオン空手道選手権大会参加の報告!

大会名:第1回 関東ルーキーチャンピオン空手道選手権大会
主催:拳友会 中山道場
日付:2017年1月15日(日)
場所:BumB東京スポーツ文化館 メインアリーナ

 

 

今年最初の大会参加は武神グループのランキング戦と同時開催された、関東ルーキーチャンピオン空手道大会です。

 

 

この大会は中学生の初級クラスがある、とてもありがたい大会です。

 

空手道MAC江戸川支部から一般部で稽古している、中学1年生の田中君が始めて大会に出場しました。

 

出場が決まってからは、一般部の先輩や大人の道場生たちが、居残り稽古で田中君にたくさん技を教えてくれました。

 

素直な田中君は一所懸命、居残りの自由稽古時間に試合に向けて稽古しました。

 

プロレスの好きな田中君が始めての試合でプロレス技を使わないか、竹澤真吾初段が前日まで心配していました。

 

当日はパンチを沢山教えてくれた國米先輩、同級生の深谷君、小川君が応援に来てくれ、私も審判が終わり田中君のデビュー戦を見ることが出来ました。

 

前日まで稽古していた必殺技は残念ながら出せずじまいでしたが、ロックアップから始まることなく、空手の技を積極的に繰出し見ていてワクワクする戦い振りでした!

 

残念ながら一瞬の油断をつかれ上段回し蹴りをもらってしまい、技有を取られてしまいましたが、大健闘と言える戦いでした!

 

悔しさの中にも、清々しい表情の田中君が印象的でした。

 

後日、『また試合でてみたい?』との問い掛けに『押忍!』と返してくれました!

 

中学生達! 田中に続け〜!

 

参加した選手、セコンド・応援をしてくれた先輩達、お疲れ様でした。
また、大会をご準備下さった、拳友会中山道場のスタッフの皆様、ありがとうございました。

 

※國米先輩はバイトの為、先に帰りましたが忙しい中、ありがとう!

 

空手道MAC江戸川支部

支部長 栗原啓二

カテゴリ:大会結果 | 00:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
サンタに頼らずにクリスマスプレゼントは自分の手で!

第8回 真勇カップ 東日本空手道選手権大会参加の報告!

大会名:第8回 真勇カップ 東日本空手道選手権大会
主催:関東武道推進連合 真勇
日付:2016年12月25日(日)
場所:三郷総合体育館

 

 

今年最後の大会は第1回大会から参加させて頂いております、関東武道推進連合 真勇主催の真勇カップです。

 

普段、参加させて頂いているJKJO関係の大会とは一味違った大会で子ども達にも良い刺激になっております。

 

 

今回は選手クラスの子ども達を中心に6名がエントリーし私も審判員として参加させて頂きました。

 

初級、中級、選抜クラスと細かいクラス分けにより、大会に慣れていない選手にとってはありがたい大会です。

 

初・中級2名、中級2名、選抜2名の出場でしたが、初・中級クラス2年生の菅原巧夢くんが2勝し、入賞まであと一歩!とても良い動きをみせてくれました。

 

毎週、選手クラスで先輩達と厳しい組手稽古をしている成果が少しづつ自信に現われてきたように感じました。

 

試合に慣れていない参加者もいましたが、日々の稽古で課題を意識して次回に備えましょう!

 

また、今回も審判員での参加だった為、選手のサポートはキャプテンの菅原くんにお願いしました。自分の試合もあるのに素直に快く引き受けてくれました。

 

菅原キャプテンありがとう!

 

試合に慣れてないメンバーも、大会当日の試合までの流れや当日の過し方など少しずつ覚えていきましょう!

 

悔し涙もみられた大会でしたが、強くなる要素の大切な1つ『負けず嫌い』、悔しさを忘れずにね!

 

参加した選手、保護者の皆様、セコンド・応援をしてくれた先輩達、お疲れ様でした。
また、大会をご準備下さった、関東武道推進連合 真勇加盟道場のスタッフの皆様、ありがとうございました。

 

 

 

空手道MAC江戸川支部

支部長 栗原啓二

カテゴリ:大会結果 | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
10年はあっと言う間でした!さらにもう10年へ!

第10回 JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会の報告!
              &
第8回 JKJO全日本空手道選手権大会参加の報告!

日付:2016年11月19日(土)・20(日)
場所:国立代々木競技場・第一体育館
主催:一般社団法人JKJOフルコンタクト委員会
協力:全日本空手審判機構(JKJO)
後援:東京都・文部科学省・独立行政法人日本スポーツ振興センター・公益社団法人全日本フルコンタクト空手道連盟

 


今年も全国を10地区に分けた各地区で1年間をかけて予選を勝ち抜いた選手が国立代々木第一体育館に全国から1359名(ジュニア1311名、一般48名)が集まりカラテ日本一をかけて戦いました。

 

今年はジュニア大会は第10回の記念大会として行われ、JKJOの歴史の感じた2日間でした。

 

空手道MAC江戸川支部からは小学5年女子35坩幣紊良瑤某原なつちゃん、中学生男子55坩焚爾良瑤某蔀龍之介君、一般男子軽量級に國米 凱選手の3名が出場しましました。

私は例年通りJKJO事務局のスタッフとして10年間かわらずの総合司会を担当しました。

 

19日(土)の初日に菅原さんが出場し健闘むなしく初戦敗退となりました。稽古した内股蹴りをたくさん出せたのが成果でしたね!来年に向けてまたスタートしましょう!

 

20日(日)の2日目に中学生の深谷君&一般部の國米初段が出場しました。今回の大会では勝利の女神は微笑んでくれませんでした…。

 

毎回、微笑んでくれるような口元の緩い勝利の女神ではないので、気持ちを切り替えて次の目標に向かいましょう!

 

試合に対して準備してきた時間、努力は道場の仲間や私も充分に見てきているので、今後の人生においては勝利の女神の口元はいつも緩いでしょう!

 

 

 

当日は道場生や家族の皆様、応援やサポートに足を運んで頂きありがとうございました。

 

最後に素晴らしい大会を企画、運営して下さったJKJO事務局の皆様、二日間に渡り裏方として働いてくれたJKJO参加道場の有志スタッフの皆様、ありがとうございました。

 

空手最高!

 

 

空手道MAC江戸川支部

支部長 栗原啓二

カテゴリ:大会結果 | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
| 1/8PAGES | >>