カラテ甲子園へ最後の戦い!

Full-Contact Challenge 2017 参加の報告!

(第11回 JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会・選抜指定大会)


大会名:Full-Contact Challenge 2017
主催:(社)JKJOフルコンタクト委員会・関東事務局
日付:2017年9月10日(日)
場所:BumB 東京スポーツ文化館

 

 

11月18日(土)・19日(日)に幕張メッセ・幕張イベントホールにて行われます第11回 JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会の最終的な各地区の代表権獲得者が決まるこの大会に503名の強豪選手が出場しハイレベルな戦いとなりました。

 

空手道MAC 東京・江戸川道場からは少年部選手クラスより3名の選手が本戦目指し出場し、昨年同様、高校生の水津空良先輩もサポートに来てくれました。ありがとう!

 

私はAコートにて副審として大会をサポート致しました。

 

既に関東地区の代表権を獲得している菅原さんが1勝できましたが、他の2名は残念ながら初戦敗退となりました。

 

敗退も残念ですが、大会に向けて自分で考えた課題がクリアできなかった事がもっと残念でした。

 

結果に向けて道筋を立てて考える事!その考えを実行する事を日々の稽古で心掛けていきましょう!

 

参加した選手、保護者の皆様、応援、サポートに来てくれた先輩、お疲れ様でした。
また、大会をご準備下さった、JKJO関東事務局のスタッフの皆様、ありがとうございました。

 

 

 

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

カテゴリ:大会結果 | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
全員が主役になれるMACカラテの祭典!! MACジュニアカップも12回目!!

第12回 MACジュニアカップ支部交流試合の報告!

日付:2017年8月5日(土)

主催:空手道MAC事務局

場所:川崎市とどろきアリーナ(メイン体育館)

 

 

毎年恒例のMACジュニアカップも12回目を向かえ盛大に開催されました!

 

 

 

当日は江戸川花火大会と運悪く重なってしまい、昨年よりも少なめの参加人数となりましたが、江戸川支部からは20名の子ども達と親御さんが参加してくれました。

 

地元のビッグイベントの最中、大会にご参加頂き本当にありがとうございます!

 

とにかく、この大会は型・組手・演武など誰でも自分に合ったレベルで参加できる初心者に優しいと言うか初心者の為の大会として行われており、関東圏のMACの各道場から161名が集まり賑やかに開催されました!

 

 

※開会式にて横浜中山支部の福田指導員による基本稽古です!

 

 

午前の部の前半は型の個人戦になります。

 

 

こちらの活動報告ブログでも報告いたしましたが、一週間前に型の部の参加メンバーを対象に特別稽古を行い大会に臨みました!

 

結果、小川くん、平野さん、菅原くん、文岩くん、菅原さんが3位に入賞しました。

 

おめでとう!

 

入賞を逃した選手も稽古の成果を発揮して頑張っていました。 私が審判でしたら我が道場生はみんな入賞です!

 

と、思うくらい頑張っていました!

 

続いて行われた組手の部では午前中は低学年が頑張りました。

 

この大会は親御さんがセコンドに入ります。子どもも初心者ですが親御さんも初心者がたくさんいます。そんな中で目の前で必死に戦っている子どもに向かって『ガンバレー』とか『キック!』とか『ガード!』とか親御さんもカメラ片手に必死に応援してくれます!

 

子どもも親御さんの声援に何とか応えようと頑張ってお互いが熱くなれるいい光景が見られます!

 

そして、開催当初から毎回参加しているお昼の発表会にも今回も参加しました。

 

今回は、川崎宮前平道場と江戸川道場に2つの道場が発表しました。

 

川崎宮前平道場の棒術とサイの演武も見事でした!

 

 

 

江戸川道場は昨年同様、月曜日の空手術クラスの参加メンバーによります、ヌンチャクの演武です!

 

 

ヌンチャクの型、ヌンチャクの約束組手、そして今回のメインイベント!ヌンチャクりんご打ち!

 

 

ウィリアム・テルのようにりんごを頭の上に乗せてヌンチャクで打ち抜きます!

 

何でも、お笑い芸人がテレビでヌンチャクでりんごを打っていたようで、演武参加の子ども達の発案で実行しました!

 

本物そっくりのりんごをネットで購入し、道場のリハーサルでは1回だけ予備のりんごを使って試しましたが、頭に誤爆したりして面白かったのですが、本番は子ども達も守りに入って空振りが目立ちました… 

 

何はともあれ無事終了できました!

 

演武発表会のメンバーみんな!『GJ!』

 

午後のスタートは今大会から始まった型の団体戦です!

 

江戸川道場からは太極靴良瑤吠震遒気鵑犯羃鼎気鵑離撻◆∧唇造良瑤麻渓擇んと菅原くんのペア、菅原さんと大野兄弟のトリオの3チームが出場しました!

 

大会までは稽古以外の時間を作って団体型の稽古をしたり、ペアが揃った時は型の稽古を重点的に行いました。

 

試合当日も頑張ったけど、こうした試合までの取り組みも成長する大きな経験になるので出場を決めた本人や親御さんには感謝申し上げます。

 

午後の部の組手も初出場や初勝利や悔し涙も見られましたが全てがプライスレスな経験です!

 

今年のトロフィーは貯金箱タイプ!

 

 

みんなトロフィーを持って閉会式に参加し石島副代表の話を聞いて記念撮影となりました!

 

 

 

 

 

全体の集合写真の後は各道場ごとの写真撮影です!

 

かつて自分達も参加していたジュニアカップに裏方としてコートスタッフを務めてくれた江戸川支部の中高生の先輩達(大村君、平野君、深谷君、菅原君、櫻井君)も交えて道場の集合写真です!

 


※選手のみんなおつかれさま! 先輩達ありがとう!

 

保護者の皆様、各支部大会運営スタッフの皆様、一日お疲れ様でした。
 

空手最高!

 

ジュニアカップ最高!

 

 

空手道MAC江戸川支部

支部長 栗原啓二

カテゴリ:大会結果 | 19:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
関東地区代表最後の選抜戦!の結果は?

第11回 JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会
関東地区代表最終選抜大会参加の報告!


大会名:第11回 JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会 関東地区代表最終選抜大会
主催:JKJO関東地区事務局
日付:2017年7月30日(日)
場所:川崎市とどろきアリーナ・サブアリーナ

 

 

11月18日(土)〜19日(日)に幕張メッセイベントホールにて行われます、第11回全日本ジュニア大会の最終予選が川崎市とどろきアリーナで行われました。

 

本戦出場を目指し、空手道MAC江戸川支部選手クラスから3名の選手がエントリーし熱戦を繰り広げました。

 

今大会は関東地区加盟道場しか参加できない大会ですが、非加盟団体からもJKJOの全日本ジュニア大会を目指し個人登録の選手が出場しレベルも例年以上に感じました。

 

そんな中、6年生女子40kg以上の部で菅原さんが代表権を獲得し、6年生男子40kg以上の部で飯田君が3位に入賞しました。

 

選手は個人の課題を再確認し大会を振り返りつつ、次回に向けて再度、課題を決めて日々の通常稽古から全力で頑張りましょう!

 

また、先週の大会は國米先輩が、今回は水津先輩がサポートに来てくれました。選手のみんなは感謝の気持ちを忘れずに、同じ事が日々の稽古でも後輩達にできるようにしていきましょう!

 

参加した選手、保護者の皆様、応援、サポートに来てくれた先輩達、お疲れ様でした。
また、大会をご準備下さった、JKJO関東事務局のスタッフの皆様、ありがとうございました。

 

 

 

空手道MAC江戸川支部

支部長 栗原啓二

 

 

入賞者

 

小学6年生男子40kg以上の部  第3位 飯田大惺

 

代表権獲得

 

小学6年生女子40kg以上の部  菅原なつ

 

 

おめでとうございます!

 

カテゴリ:大会結果 | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
近くて遠い体育館

2017東京都空手道選手権大会参加の報告!

大会名:東京都空手道選手権大会
主催:極真会館坂本派 東京城東・城西本部
日付:2017年7月23日(日)
場所:葛飾区水元総合スポーツセンター・メインアリーナ

 

 

昨年は日程の都合で出場できませんでしたが、毎年、参加させて頂いています、極真坂本派の東京都大会に少年部選手クラスから3名、一般部から1名、参加して参りました。

 

一昨年までは江戸川区総合体育館や葛飾区総合スポーツセンター・エイトホールなど、分かりやすい立地の体育館でしたが、昨年からできたてホヤホヤの葛飾区水元総合スポーツセンターに変わり、今年、初めて体育館に向かいました。

 

場所を確認すると葛飾区の水元ですので、道場からもさほど遠くない場所で、頑張れば自転車でもいけるかな?と考えておりました。

 

前日に夏の炎天下の自転車は厳しいなぁ〜と判断し、いつもの交通手段バイクに変更しグーグルマップをプリントアウトして自宅を出発しました。

 

しかし…

 

葛飾区の金町や水元の土地勘は無く、予定していた地図上の道もバイクが通れず朝から周辺をウロチョロしてしまい、ヘルメットで髪の毛がペッチャンコになってしまいました…。

 

迷子も想定して家を出発したので集合時間には間に合いましたが…。

 

近くて遠い体育館でした!

 

大会は審判員として参加していたので選手のサポートは出来ませんでしたが、黒帯の國米先輩がサポートしてくれて大変助かりました。

 

選手は課題をもって大会に望みますが、当然、相手の動きや試合展開によっても戦略を変えなければ行けない場面もあります。勝ち上がる選手はこの戦略の選択がとても上手く、自分の引き出しからどのパターン選んで組み立てるかが優れていると感じました。

 

ステップであったり、足を止めて打ち合ったり、変則な技であったり…

 

日々の稽古での準備がしっかりしているほど、本番に役立ちますね!

 

選手の皆さんまた次回も頑張りましょう!

 

参加した選手のみんな、サポートしてくれた道場の先輩、保護者の皆様、そして大会運営をして下さった極真会館坂本派の関係者の皆様、お疲れ様でした。

 

そして、ありがとうございました。

 

ちなみに、帰り道も迷子になってしまい、なぜか国道6号線を逆方向に走ってしまい千葉県松戸市に行ってしまいました…。

 

方向音痴は遺伝子レベルなので諦めます。

 

 

 

空手道MAC江戸川支部

支部長 栗原啓二

 

 

入賞者

 

小学6年女子上級の部  優勝  菅原なつ

 

おめでとうございます!

 

カテゴリ:大会結果 | 20:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
会場からは人気の登山コース 丹沢大山が見えました!

第9回 神奈川県空手道選手権大会参加の報告!

(2017 KARATE BATTLE KINGS in Japan)

大会名:第9回 神奈川県空手道選手権大会 

2017 KARATE BATTLE KINGS in Japan〜
主催:極真会館 世界総極真 釘嶋道場
日付:2017年7月8日(土)
場所:伊勢原市総合体育館

 

 

今回、空手道MAC湘南支部の加川先生のお誘いを受け、道場生に型の経験をたくさん積んでもらおうと、世界総極真 釘嶋道場主催の神奈川県大会に初めて出場しました。

 

 

参加メンバーは菅原くん、生田目くん、そして私です。

 

3人は事前に加川先生の道場に出稽古し極真スタイルの型の確認を行いこの日を迎えました。

 

菅原くん、生田目くんは小学3年生以下初級クラスにエントリー、栗原は一般上級クラスにエントリーです。

 

菅原くんが2回勝ち上がりベスト8賞入賞! 生田目くん、栗原は初戦敗退となりましたが、組手とは違った緊張感で空手の原点、『型』を学ぶ事ができました。

 

 

 

来月には第12回MACジュニアカップ支部交流試合にて再び型の試合も行われます。

 

型は自分との戦い、そして自分の空手の表現です!

 

組手とは違った緊張感や達成感もありますので、道場生の皆様もドシドシチャレンジしていきましょう!

 

頑張った菅原くん生田目くん、お疲れ様でした!

 

朝早くから遠方の会場へ来て下さった保護者の皆様、お疲れ様でした。

 

そして大会運営をして下さった極真会館 釘嶋道場の関係者の皆様、ありがとうございました。

 

私も今年に入って3回目の型の大会でしたが、少しでも結果を残して道場生に刺激を与えられるように頑張ります!

 

 

 

空手道MAC江戸川支部

支部長 栗原啓二

カテゴリ:大会結果 | 00:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
全員で応援できる大会です!

平成29年度 千葉県空手道交流試合参加の報告!

大会名:平成29年 千葉県空手道交流試合
主催:極真会館 手塚グループ 千葉県本部
日付:2017年6月18日(日)
場所:浦安市運動公園 総合体育館武道場

 

 

毎年、参加させて頂いております、極真会館手塚グループの千葉県交流試合に空手道MAC江戸川支部より少年部6名、一般部より中学生が1名参加してきました。

 

今回は湘南支部の加川先生にお声掛けして湘南支部より1名(渡邉くん)の参加もありました。

 

1月に手塚会長がご逝去され新しい体制となった初めての大会でしたが、例年同様、手塚グループの各道場の皆様のご尽力でおおいに盛り上がった大会となりました。

 

今回は選手クラスだけでなく、交流試合と言う事もあり、通常のクラスで稽古している子ども達にも参加を募り、初出場が3名(小倉くん、中村くん、生田目くん)のハラハラドキドキの試合も見られました。

 

また、普段は上級の大会に出場している選手クラスの6年生の菅原さんと飯田くんに選手のサポート係をお願いして動いてもらい、中学生の田中くんのサポートとして深谷くんも部活の試合の合間に来てくれてとても助かりました。

 

試合前のアップからセコンド、試合後のフォローまで自主的にサポートしてくれてありがとう!

 

 

 

 

 

 

この大会は全員で応援できるのも魅力で仲間の試合をみんなで声を張り上げながら応援する!

 

すごく一体感が生まれて試合をしている子ども達にとっても力強いと思います。

 

自分の試合以外でも学べる事はたくさんあると感じました。

 

試合内容も初出場の生田目くんが参加者が全員自分よりも帯が上の中、3位決定戦でも黄帯の選手に技有を奪い見事!3位入賞!

 

1年生の初出場の小倉くん、中村くんも緊張の中、頑張りました!悔し泣きも見られたので次に繋がると思います!

 

大野兄弟も体格差を跳ね返し大健闘しました!蒼空くん優勝おめでとう!

 

巧夢くんはパンチが大振りになってしまった隙をつかれてしまいました…。また選手クラスでコツコツ頑張ろう!

 

田中くんは2度目の対戦で前回以上に稽古にも気合が入りましたが、またしても上段のガードが…。悔しかった…。

 

湘南支部の渡邉くんも小さい身体で向かっていくファイトスタイルでとても良かったですね!

 

参加したみんなは、今日の勝った!負けた!で終らないで、次の目標を作って普段の稽古からまた頑張りましょう!

 

参加した選手のみんな、サポートしてくれた道場の仲間、保護者の皆様、そして大会運営をして下さった極真会館手塚グループの関係者の皆様、お疲れ様でした。

そして、ありがとうございました。

 

 

 

 

空手道MAC江戸川支部

支部長 栗原啓二

 

 

入賞者

 

小学3年男子の部  第3位  生田目 哲昇

 

小学4年男子の部  優勝   大野 蒼空

 

おめでとうございます!

カテゴリ:大会結果 | 20:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
極真会館坂本派 第16回 全国ジュニア空手道選手権大会の報告!

極真会館坂本派  第16回全国ジュニア空手道選手権大会の報告!

大会名:大会名:第16回 全国ジュニア空手道選手権大会
主催:極真会館坂本派 神奈川県本部
日付:2017年5月14日(日)
場所:横浜文化体育館

 

 

5月の恒例、極真坂本派主催全国ジュニア大会に空手道MAC江戸川支部選手クラスより3名が出場してきました。

 

 

 

当日、私は第4回JFKO全日本フルコンタクト空手道選手権大会に審判員として参加していた為、3名は空手道MAC横浜中山支部の西袋先生にお世話になりました。

 

ありがとうございました。

 

3名は惜しくも初戦敗退となりましたが、動画を見せてもらった菅原さんの組手は優勝した選手をパンチのプレッシャーでしっかりと攻撃して自由稽古で竹澤真吾さんや竹澤勇真くんに受けたアドバイスが出来ていました。

 

今後は攻撃とディフェンスのバランスを考えてみましょう!

 

菅原兄弟も後で動画を見せて下さい!

 

日々の道場での稽古が空手の基本です。

 

全力で真剣に取り組んで流した汗は嘘をつきません!

 

参加した選手、保護者の皆さま、お疲れ様でした。

 

セコンドに付いて下さった西袋先生、中山支部の先輩ありがとうございました。

そして、戦った相手の皆さん、大会をご準備くださった極真坂本派のスタッフの皆さまありがとうございました。

 

※悲しい顔をしないで次回へ向けて頑張ろう!

 

 

空手道MAC江戸川支部

支部長 栗原啓二

カテゴリ:大会結果 | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
200回と359回の集大成!

第9回 IBKO全日本空手道型選手権大会参加の報告!

大会名:第9回 IBKO全日本空手道型選手権大会
主催:IBKO 国際武道空手道連盟
日付:2017年4月2日(日)
場所:国立代々木競技場第二体育館

 

 

極真会館坂本派が中心となり活動していますIBKO(国際武道空手道連盟)が主催しております全日本空手道型選手権大会に空手道MAC江戸川支部から2名(菅原さん、栗原)が参加して参りました。

 

 

この大会は2月に栃木県にて行われた予選を経て本戦(今大会)にたどり着きました。

 

私と菅原さんは年明けからの集中的に型の強化に取り掛かり、本戦までの3ヶ月間、とても充実した型稽古をする事が出来ました。

 

前日も動画を撮り最終チェックして当日をむかえました。

 

単純に回数だけではありませんが、菅原さんは『359回』大会までに型を繰り返して臨みました!

 

当日は各地の予選を勝ち抜いた個人選手255名と団体44チームが一堂に会し、開会式にて先日、出稽古でお世話になった礼心会の選抜メンバーによる演武が披露され大会に華を添えました。

 

 

 

 

開会式終了後、指定された型の演目をバックスペースで行い本番を待ちます。

 

先に栗原の出場したマスター男子 の部(38歳以上50歳未満) が始まりました。

 

指定の型は『観空』です。

 

2月の予選では試技の最中、気持ちが乱れ終始不安の中で型の試技を行ってしまったので、今回はとにかく落ち着いて道場の稽古通り行う事をテーマに臨みました。

 

 

 

 

 

約1分半の試技の最中は2月の予選とは違い、慌てる事なく稽古中に道場生の前で行った時と同じ心の持ち様で臨めました。

 

終わった後は充実した達成感を迎える事ができました。

 

私の試技が終わり数分後に斜め後ろのBコートで菅原さんの『撃砕大』の試技が始まりました。

 

 

 

 

菅原さんは少し騎馬立ちの腰の位置が高くなってしまったと反省していました。

 

しかし、2人とも大きなミスも無く無事に予選の試技を終えお昼ごはんを食べて午後からの決勝戦進出者の発表を待ちます。

 

若干進行表よりも送れて15時半に各クラスの決勝戦進出者が発表されます!

 

結果…

 

 

2人とも

 

『クヤシイデス!』

 

 

残念ながら我々の名前は呼ばれませんでした…。

 

菅原さんも始めての全日本大会出場!

 

私も空手を始めて24年11ヶ月にして益々、空手の奥の深さを知り俄然やる気が増してきました!

 

実際、当日はかなり落ち込みましたが…。

 

 

 

大会に参加した菅原さん、引率のお母様、IBKOスタッフの皆様、お疲れ様でした。

 

また、出稽古でご指導下さった大橋先生ありがとうございました。

道場生のみんなも、型の稽古も一緒に頑張りましょう!

月曜日の基本クラスは約束組手、金曜日の基本クラスは型を多めに行っています。16時からと高学年には少し早めの時間かもしれませんが、空手道の土台が詰まった稽古ですよ!

 

来年はもっと沢山で出場できるように頑張りましょう!

 

空手最高!

 

空手道MAC江戸川支部

支部長 栗原啓二

カテゴリ:大会結果 | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
押忍!スパスィーバ!を覚えて会場に向かいました!

KARATE GRANDPRIX 2017

第4回KWF国際空手道選手権大会参加の報告!

大会名:KARATE GRANDPRIX 2017 第4回 KWF国際空手道選手権大会
主催:KWF日本本部(極真会館千葉田中道場)
日付:2017年3月26日(日)
場所:千葉ポートアリーナ(千葉市)

 

 

春を忘れる冷たい雨の日曜日にKWF日本本部主催の第4回 KWF国際空手道選手権大会に空手道MAC江戸川支部少年部選手クラスから2名の選手(菅原兄弟)が出場し私も審判員として大会に協力させて頂きました。

 

事前のトーナメント表の発表で兄の菅原君の相手が国際大会らしくロシア人でした!

 

空手道MAC江戸川支部では過去に若松君と竹澤君が大会でロシア人と戦っていますが、二人とも勝利しております!

 

菅原君にはついてるね〜!

 

と、言いましたが本人は複雑な表情をしておりました…。

 

試合は弟の菅原君から始まりましたが、上段の蹴りを2回もらってしまい敗退してしまいました。

 

少年部の大会は上段への攻撃はポイントになるのでガードの重要性がカギとなります。

 

今後の大きな課題にしましょう!

 

兄の菅原君はアグレッシブなロシアの少年の攻撃に耐えながら事前に確認した技を果敢にだしていましたが、距離や高さが足りずに技有には繋がりませんでした…。

 

しかし、必死に稽古した技を出し続けたことは大きな成果だと思います。

 

今後は圧力に負けない体幹の強さを徐々に身に付けていきましょう!

 

映像をしっかり見て次回に向けて工夫や研究しましょう!

 

私は主審を終えて国際大会恒例の外国人とのコミュニケーションタイムを行いました。

 

この日の為に、自身で買ったファイト&ライフ(格闘技専門誌)のバックナンバーを5冊持参し、外国人にプレゼントしました!

 

今回はブルガリアの選手団にプレゼントしました。

 

選手団の中にはサポートとして来日していた極真松井派世界チャンピオンのザハリ・ダミヤノフ選手もいました。

 

最初は謎の日本人がニヤニヤしながら近付いて来て、プレゼント フォーユーとか言っていたので、かなり怪しまれていましたが、ファイト&ライフのダミヤノフ選手の記事を選手団に見せると笑顔で受け入れてくれました。

 

一緒にいた極真坂本道場の藤沢さんの2回戦の相手も選手団の中にいて2人で片言の英語で何とか国際交流をはかりました!

 

大会も非常にレベルの高い試合が続き空手ファンとしても楽しい一日となりました。

 

また、他流派ですが一般男子中量級の決勝戦まで勝ち進んだ相模原鈴木道場の蓑島くんの久しぶりに活躍している姿を見れて嬉しかったです。幼少期に大会で活躍していましたが、近年、全く名前を見る機会がなくなっていたので、またこうして空手を再開してくれて嬉しく思います。

 

出場した菅原兄弟、保護者の皆様、お疲れ様でした。

最後に国際的な大きな大会を企画、運営して下さったKWF日本本部のスタッフの皆様、ありがとうございました。



※悲しい顔しないでまた次も頑張ろう!

 

 

空手道MAC江戸川支部

支部長 栗原啓二

カテゴリ:大会結果 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
選手もスタッフも頑張りました!

第19回 ジャパンカップ ジュニア空手道選手権大会参加の報告!

大会名:第19回ジャパンカップ ジュニア空手道選手権大会
主催:空手道MAC事務局
日付:2017年3月5日(日)
場所:横浜国際プール・メインアリーナ

 

 

2004年の第6回大会から今大会まで横浜国際プール・メインアリーナにて行われている空手道MAC事務局主催のジャパンカップジュニア空手道選手権大会も19回目を迎えました!

 

開会式には元内閣府特命担当大臣で衆議院議員の河野太郎先生が来賓としてご挨拶されたり、参議院議員の三原じゅん子先生から祝電が届いたりと空手道MACが今まで培ってきた大会の歴史や団体の努力が物語っているようです。

 

もちろん偉い先生が来たから単純にスゴイって訳でもないですが…。

 

 

さてメインの大会の方ですが空手道MAC江戸川支部少年部選手クラスから5名の選手が、一般部から14名のスタッフが大会をサポートしました。

 

選手は日頃の稽古で取り組んでいる各自の課題をクリアすべく、スタッフの皆さんも空手道MAC『愛』を実行すべくそれぞれ一日頑張りました。

 

選手諸君は出来た事、出来なかった事を曖昧にしないで次回に向けて計画をまた立てましょう!

 

※みんなおつかれさま! 後に小さく見える主審は私です…。

 

 

スタッフの皆様もお休みの所、朝早くからありがとうございました。

 

今回は特に中学生達のスタッフも多くいましたが、必ず社会勉強になったはずです。

 

※お弁当&ゴミ係りをしてくれた中学生達です!

 

ご指導頂いた、愛知小牧支部の稲垣先生ありがとうございました。

 

 

大会に参加するにあたって、一緒に稽古してくれた仲間や先輩、当日に裏方として働いてくれた道場の仲間があっての大会ですので感謝の気持ちを忘れずに頑張りましょう! そしてお父さん、お母さんにも感謝を忘れずに!

最後に大会を企画、運営して下さった空手道MAC事務局ならびに当日運営スタッフとして働いてくれました各支部有志の皆様本当にお疲れ様でした。また、ありがとうございました。
 

空手最高!

 

空手最強!

 

空手道MAC江戸川支部

支部長 栗原啓二

カテゴリ:大会結果 | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
| 1/9PAGES | >>