学びの心は忘れずに!停滞は後退! (本部道場 審査会 編)

本部・湘南・宮前平・仲町台道場 合同審査会の審査員をしてきました!

 

2019年11月24日(日)
本部道場にて

 

 

お世話になっております。

 

本日、本部道場にて行われました、神奈川地区(本部・湘南・宮前平・仲町台道場)4道場合同審査会の審査員をしてきました。

 

今回は少年部、一般部合同で約40名の道場生が受審しました。

 

他道場の審査員をする事で学ぶ事も多くあり自分の道場の指導の参考になります!

 

各地区(神奈川4道場、奈良・愛知合同、三鷹・狭山合同)の審査員をしてきましたが、まだ西袋道場の審査会の審査員はした事がないので西袋先生、誘って下さい!

 

夜は自宅でサザエさん50周年スペシャル放送を見ていましたら、磯野家が懸賞に当たってロサンゼルスに行っていました。そしてベニスビーチを散歩していました!

 

ご存知、ボディビルの聖地です!

 

今から24年前に私も渡辺代表企画の空手道MACロサンゼルスツアーに参加してベニスビーチで遊びました!

 

まさか磯野家がベニスビーチに…

 

夜にサザエさんを見ながら当時の事を思い出して懐かしくなりました!

 

あの旅のメンバーで現在もMAC在籍は、渡辺代表と自分だけか…

 

みんな元気かな〜?

 

ベニスビーチで買ったベティちゃんのTシャツ1枚だけを、スポンサーの母親にお土産で渡したところ、『いいかげんにしなさい!』と呆れられた事も懐かしい思い出です…

 

押忍!

 

 

※となりの後藤君と背の高さが一緒だ!私もまだまだ成長中!

 

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

カテゴリ:停滞は後退! | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
学びの心は忘れずに!停滞は後退!(新極真会主催 第12回世界大会観戦編)

第12回オープントーナメント全世界空手道選手権大会観戦の報告!

大会名:第12回オープントーナメント全世界空手道選手権大会
主催:NPO法人全世界空手道連盟新極真会
日付:2019年11月9日(土)・11月10日(日)
場所:武蔵野の森総合スポーツプラザ

 

 

お世話になっております。

この度、極真カラテの二大巨頭の一つ、新極真会主催 第12回全世界空手道選手権大会を観戦して参りました。

 

 

2日間にわたり世界101ヶ国の国と地域の予選を勝ち抜いた、男子161名、女子43名の選手が武蔵野の森総合スポーツプラザにてフルコンタクト空手の世界一を決める夢の舞台です!

 

 

私が見た2日目は既に前日に3回戦目まで勝ち抜いた選手達の戦いが繰り広げられました。

 

勿論、日本選手団を応援しておりましたが、個人的には2003年の第8回世界大会に初参加して見事4位に入賞して以来、今大会まで連続出場を続けているブルガリアのヴァレリー・ディミトロフ選手の活躍も期待しておりました。

 

ヴァレリー選手が2003年にヴァレリーキックを日本に伝えてくれたお陰で、ここ最近の私は連日、左の大腿部の痛みが消えない日々が続いており嬉しい悲鳴をあげております。

 

あと2週間ほど頑張りたいと思います…

 

世界各国代表選手の世界最高峰の戦いが目の前で繰り広げられ感動の1日となりました!

 

感動の余韻と共に反省会でも美味しいビールが呑めました。

 

素晴らしい戦いを見せてくれた選手達に感謝いたします!

 

あと仮面女子のライブも生で見られて良かったです!

 

来月に行われます空手道MAC事務局主催のルーキーチャレンジカラテトーナメント2019大会でも我が道場生活躍を期待します!

この世界大会の模様は11月17日(日)テレビ東京(7チャンネル)にて16:00〜17:15で放映いたします!

 

是非、ご覧になって下さい!

 

 

仮面女子最高!


空手最高!

フルコン最高!


空手道MAC 東京・江戸川道場
代表 栗原啓二

カテゴリ:停滞は後退! | 03:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
学びの心は忘れずに!停滞は後退! (JKJO全日本大会 編)

第13回 JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会の報告!
              
第11回 JKJO全日本空手道選手権大会参加の報告!

日付:2019年11月4日(月・祝)
場所:国立代々木競技場・第一体育館
主催:一般社団法人JKJOフルコンタクト委員会
協力:全日本空手審判機構(JKJO)
後援:スポーツ庁・千葉県・千葉県教育委員会・独立行政法人日本スポーツ振興センター・公益社団法人全日本フルコンタクト空手道連盟

 

 

お世話になっております。

 

今年のJKJO全日本大会は13年目にして私にとって節目となる大会となりました。

 

それは、第1回大会から続いていた関東地区代表権獲得者が今年で途絶えてしまったこと…

 

そして、第1回大会から続いていた総合司会から審判員になった事です!

 

我が道場のコンセプトである『社会体育』を実践しつつ、来年の関東地区代表権獲得者を目指し、そしてJKJOの本道である質の高い審判員を目指して来年も道場生と一緒に頑張りたいと思います!

 

押忍!

 

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

カテゴリ:停滞は後退! | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
学びの心は忘れずに!停滞は後退! (IBKO型技術講習会 編)

お世話になっております。

 

このたび、9月22日(日)にBUMB東京スポーツ文化館にて行われます、第11回 IBKO全日本空手道選手権大会に出場するメンバー(菅原君&栗原)でIBKO国際武道空手道連盟主催の型技術オープン講習会に参加して参りました。

 

 

 

 

道場で菅原君と集合してナビをセットして極真坂本派港北道場に向かいました。

 

電話番号でナビをセットしましたら、着いた先が昔の港北道場の跡地でした…。

 

今度はしっかり、住所でナビをセットして無事に極真会館港北道場にたどり着けました!

 

指導は勿論、極真坂本派代表の坂本師範から直々にご指導頂けました。

 

現役時代の坂本師範の試合を会場で見ていた私にとっては感慨深い時間となりました。

 

指導においては特に移動の際の重心について詳しくご指導頂けました。

 

魂のこもったご指導に私の心も響きました!

 

一昔前では極真会館の師範から教わる機会など考えられないですが、大変、貴重な体験となり勉強になりました。

 

一緒にご指導いただきました、極真会館城東本部長の尾谷師範、また講習会を一緒に参加しました遠く広島県から来られていた、空手道 志成館の垣原颯斗先生並びに道場生の皆さんありがとうございました。

 

大会では一緒に頑張りましょう!

 

大会まで残り1ヶ月となりましたが、菅原君と一緒に講習会で学んだ事を実践して過したいと思います。

 

 

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

カテゴリ:停滞は後退! | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
朝早くから本部道場へ交流稽古会に参加してきました!

お世話になっております。

 

このたび、本部道場、横浜仲町台道場の黒帯の先生方が中心になって、交流稽古会が開催されました!

 

空手道MAC 東京・江戸川道場の選手クラスから大野兄弟、小野君の3名が参加してきました!

 

各道場の選手たち相手にとても頑張っていたと、横浜仲町台道場の丹羽先生から報告を受けました。

 

参加した3名!

 

お疲れさま!

 

秋の大会目指して、夏に強くなろう!

 

 

ご指導頂きました、渡辺代表、丹羽先生、後藤指導員ありがとうございました。

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

カテゴリ:停滞は後退! | 16:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
学びの心は忘れずに!停滞は後退! (JKJO審判講習会 編)

お世話になっております。

 

7月7日(日)に霞ヶ浦文化体育館にてJKJO全日本空手審判機構の主催の審判員講習会に空手道MAC 千葉・市川道場一般部の繁田弐段と栗原で参加して参りました。

 

講習会の前半は土浦市消防本部の救急救命士の方々よりCPR(心肺蘇生法)&AED(自動体外式除細動器)の救命講習会が行われました。

 

※手前が繁田弐段、ダミー人形で実技をしているのが、横浜仲町台道場の丹羽先生です!

 

私は仕事柄、定期的に講習会は受けていますが、あらためて空手の先生達も必要だと思いました。

 

芦原会館、西山師範から細かい判定の優先順位や基準の説明、審判動作の説明があり、交流試合にて実際に審判を数試合行い審判講習会が終りました。

 

 

JKJO主催大会では認定審判員の存在は不可欠です。大会を影で支える技術のある審判員がいる事で、大会の価値も高まり頑張っている選手の努力が報われます!

 

私はJKJO(全日本空手審判機構)発足以来、16年間、講習会に参加し続けていますので、そろそろ審判員を指導する立場の検定員を目指して頑張りたいと思います。

 

参加した審判員の皆様、お疲れ様ですした。

 

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

カテゴリ:停滞は後退! | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
学びの心は忘れずに!停滞は後退!(第5回JFKO全日本フルコンタクト空手道大会編)

大会名:第5回全日本フルコンタクト空手道選手権大会
主催:公益社団法人 全日本フルコンタクト空手道連盟(JFKO)
日付:2019年5月18日(土)・19日(日)
場所:エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)

 

 

はじめに審判員として二日間、道場を休館に致しました。利用予定の道場生の皆様にはご協力頂きましてありがとうございました。

 

と言うことで…

 

現在行われている、日本のフルコンタクト空手界の体重別大会において、間違いなく規模、選手の実力共に日本一の大会!

 

 

フルコンタクト空手界では色々な理由から組織や団体が統一されず、様々な全日本が開催されている現状がありますが、このJFKOは紛れもなく体重別の日本一の大会です!

 

盛ってませんよ!

 

盛っちゃう先生もたまにいますが…。

 

空手道の捕らえ方は人それぞれですが、競技空手の側面から最強を目指すのであれば、最終的にこの大会を目指さなくて何処を目指すのか?

 

そう言った大会です。

 

保護者の皆様、何となく伝わりましたか?

 

 

2014年の第1回から昨年の国際大会を挟んで今回で6年目のJFKO大会です。

 

今年もJKJO(全日本空手審判機構)からの依頼を受けて審判員として大会に協力させて頂きました。審判員派遣にあたり推薦して頂きました、空手道MAC代表の渡辺師範並びに芦原会館東京本部西山師範ありがとうございました。

 

今回は来年に行われますWFKO第1回 全世界フルコンタクト空手道選手権大会の日本代表選抜戦になっており、更に白熱した戦いが繰り広げられました。

 

大会の前日、大阪府立体育館の地下の武道場にて審判員ミーティングが行われ審判員並びに団体関係者集まりました。

 

 

昨年の大会の映像を見ながら反則を見極めるタイミングや基準(グレーゾーンを作らない!)など全体のすり合わせが行われ、後半は実際の審判のチームで想定されるシュチエーション別判定基準の確認や動作なども細かく確認しました。

※新たに追加された試合中のアピールについても時間を割いて映像を見ながら協議致しました。

 

ちなみに府立体育館の地下の武道場は、24年前に出場した白蓮会館の第11回全日本空手道選手権大会の控え室になっており、いつ来ても思い出してドキドキしてしまう場所です…。

※この年に限り第2体育館が全日本大会の会場だった為…

 

その後は関東の審判員と近くで軽く食事をしてホテルへ帰り、本場の『探偵ナイトスクープ』を見てから早めに床について本番に備えました。

 

初日は男女合わせて420名を4コートに分けて階級別にベスト8まで決めます!

 

 

選手のレベルの高さは、先に述べたとおり、どの選手も地域の大会では当然入賞しているレベルが当たり前…。

 

そんな選手達が1回、2回勝つのも至難の業です…。

 

審判をしていても、合間に各コートの試合を観戦してもレベルの高さは毎年変わらすハイレベルです…。

 

緊張の初日の審判を終え、空手道MAC奈良中和道場の山路代表の案内で大阪の街と味をを堪能して早めにホテルへ帰り2日目に備えました。

 

なにせ2日目は男子3位決定戦の副審に入っているので…。

 

今回に限り来年の全世界大会選抜の為、男子は3位入賞が必要条件になるからです。

 

前日のミーティングでも新極真会代表の緑師範が『明日は選手達の人生が懸かった戦いです!』の言葉が思い出されます。

 

2日目は空手道MAC本部道場の後藤選手も昨年同様、準々決勝に駒を進めて残っています。

 

 

審判員控え席では久保田道場の久保田師範が緊張してお腹が痛い…。と言っていたので緊張は私だけではないと少し安心しました。

 

空手道MAC本部道場の後藤選手は第4回大会準優勝の亀山選手に準々決勝で勝利し準決勝に進出しました。その後、惜しくも準決勝で昨年の国際大会で3位の落合選手に敗れてしまい3位決定戦に望みをたくします。

 

私は各階級の準決勝が終わりお昼休憩を挟んで男子3位決定戦の審判員として舞台に登壇し同門の後藤選手の試合以外の3試合の副審を務めました。

 

緊張から開放され後藤選手の試合を舞台の下から見守りましたが、現在の新極真会のツートップ入来選手の下段回し蹴りの猛攻に敗退となりましたが堂々の4位入賞です。

 

閉会式では空手道MAC代表でJFKO(全日本フルコンタクト連盟)副理事の渡辺師範もトロフィーのプレゼンターとして登壇しており後藤選手を見守っていました。

 

空手道MACのJFKO大会の入賞は第1回大会の奈良香芝道場の的場代表以来の快挙です!

 

 

空手道MAC本部道場の後藤選手おめでとう!

 

また、2日間に渡り選手と一緒に戦いを共有した審判員の先生方(三好師範、新保師範、門師範、三浦師範)ありがとうございました。

 

最後に素晴らしい大会を開催して下さったJFKO関係者の皆様、審判員派遣の準備をして下さったJKJO全日本空手審判機構事務局の皆様、ありがとうございました。

 

帰りは後藤選手のセコンドの為、横浜から来ていた本部道場の山田指導員と新大阪駅で食事をして、月曜日の基本クラスの子ども達に約束した大阪のお土産を買って帰路につきました。

 

 

フルコンタクト空手最高!

 

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

 

カテゴリ:停滞は後退! | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
早くも今年2回目となりました!

実践空手道 礼心会高洲道場への出稽古報告!

日付:2019年2月13日(水)
場所:浦安市立高洲小学校体育館

 

 

早くも今年2回目となります、実践空手道 礼心会さんへの出稽古の報告です。

 

前回、1月の出稽古は直後に迫った型大会の為の出稽古で対象を型大会の参加者限定にしましたが、今回は道場のホワイトボードに出稽古の案内掲示して稽古にて道場生に声を掛けて募集致しました。

 

集まったメンバーは体調不良により2名欠席になりましたが、少年部から6名の小学生が参加いたしました。

 

 

今回も加川先生にお声掛けして宮前平道場の久多良木君が参加しました。

 

私のもう1つの道場、千葉・市川道場からも一般部より3名が参加しました。

 

行きの車は菅原チームと栗原チームに別れましたが、栗原チームの車中は前回と打って変わって賑やかな車中となりました。

 

一応、景気付けに『エビ中』のベストアルバムを流しましたが必要なかったようです…。

 

稽古では基本稽古、移動稽古を大橋師範が型を若林先生が熱心にご指導して下さりました。

 

 

後半は型グループとミット・組手グループに分かれて行われました!

 

 

いつも本当に熱心にご指導頂き、私も一道場生の気持ちになれてとても勉強になります。

 

空手道MACも礼心会も元は極真会館です。

 

私は26年10ヶ月、全て空手道MACの空手で極真時代は経験しておりませんが、深いところで繋がっている事が稽古中、気がつかされます。

 

参加した道場生はそんな歴史は分かりませんが、違う道場の先生がこんなに熱心に教えてくださるありがたさを感じ取ってもらえたら嬉しいです。

 

今週末は空手道MACの一大イベント!

 

『第21回 ジャパンカップジュニア空手道選手権大会』が控えておりますが、MACの選手も礼心会の選手も一緒に頑張りましょう!

 

ご指導頂きました大橋師範をはじめ吉田先生、若林先生、指導員の先生方、道場生の皆様、ありがとうございました。

 

 

 

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

カテゴリ:停滞は後退! | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
学びの心は忘れずに!停滞は後退!(実践空手道 礼心会出稽古編2019・冬)

実践空手道 礼心会高洲道場への出稽古報告!

日付:2019年1月16日(水)
場所:浦安市立高洲小学校体育館

 

今年最初の礼心会さんへの出稽古は今月27日に極真坂本道場主催の型大会に参加するメンバーに声掛けして5名で参加する予定でした…。

 

しかし、最近のインフルエンザの流行で2名がキャンセルとなり、東京・江戸川道場からは3名が出稽古に参加しました!

 

出発前に道場で集合写真です!

 

ポーズのお題は『型で使う技』

 

※めいなちゃん! てっしょう君! つかさ君です!

 

出稽古では型を覚えるだけでなく、礼儀正しく挨拶も元気よくできる礼心会さんの道場生を見習ってもらったり、そんな雰囲気を共有する事も、出稽古に行った意味があると思って計画しました。

 

もちろん、出発前の道場でみんなに声掛けをしました。

 

道場へ向かう車中では人数も減ってしまったためか? 緊張のためか? 元々の性格か?

 

とても静かだったので、私が景気付けに『エビ中』のベストアルバムを流しましたが、まったく効果なし…。

 

かえってアイドル好きの変なおじさんに思われてしまったようです…。

 

道場ではいつも通り基本稽古、移動稽古を行い太極の型で『練り』のポイントを大橋師範よりご指導頂きました。

 

その後、型のグループに分かれて、各グループには礼心会の黒帯の先輩や先生が付いて頂きご指導頂きました!

 

 

 

今回の出稽古では宮前平道場4年生の久多良木君、そして先生の加川先生、千葉・市川道場の繁田二段も参加し型を学びました!

 

我々、『突きの型』チームは若林恵子先生にご指導頂きました!

 

 

20時30分までグループ毎の型稽古を行い、その後、各自、自由にテーマごとの稽古を行いました。

 

棒術のグループ、小太刀のグループ、団体型のグループ、礼心会の奥の深さが伝わる時間になっていました。

 

そしてみんな空手を楽しんでいる事が伝わってきました!

 

つかさ君は吉田先生とマンツーマンで型を学んでいましたよ!

 

 

大橋師範はじめ、礼心会さんの指導員の先生方には毎回、分け隔てなくご指導頂き本当に感謝しかございません!

 

大会でいい動きをして恩返ししたいと思います。

 

大会まであと10日、教わった事を忘れず当日まで準備しましょう!

 

ご指導頂きました大橋師範をはじめ礼心会の指導員の先生方、道場生の皆様、ありがとうございました。

 

 

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

カテゴリ:停滞は後退! | 02:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
学びの心は忘れずに!停滞は後退! (審判講習会 編)

お世話になっております。

 

1月13日(日)に相模原総合体育館にてJKJO全日本空手審判機構の主催の審判員講習会に空手道MAC 千葉・市川道場一般部の繁田弐段、東京・江戸川道場の國米初段と栗原で参加して参りました。

 

講習会の前半は芦原会館、西山師範から細かい判定の優先順位や基準の説明があります。

 

これを頭に入れないと審判ができません。

 

 

後半は実際に交流試合の審判員も行い実技講習を行いました。

 

JKJO主催大会では認定審判員の存在は不可欠です。

 

道場の稽古だけでなく大会でも影で支える審判員の活動はまさに社会体育の実践ですね!

 

参加したお二方、お疲れ様でした!

 

 

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

カテゴリ:停滞は後退! | 20:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
| 1/5PAGES | >>