格闘代理戦争4thシーズン 決勝戦!

お世話になっております。

 

先月、こちらの活動報告ブログでも周知させて頂きました、Abema TVの格闘リアリティ番組『格闘代理戦争4thシーズン』の決勝戦が6月15日(土)に行われ、本日の一般部の稽古後に水津空良君が試合の報告の為、道場に来てくれました!

 

幼少期より当道場にて稽古を重ねてきた水津空良君が準決勝戦にて大活躍して、この決勝戦に駒を進めました!

 

当日は空手道MAC 東京・江戸川道場関係者も多数、会場に応援に駆けつけ熱戦を見守りました!

 

私も一般部の稽古終了後、7月に大会を控える高校生の深谷君との特訓の前に2人でスマホに釘付けになって見ておりました!

 

 

結果は延長戦までもつれましたが、2−1のスプリットデシジョンにて惜しくも判定負けとなってしまいました。

 

しかし勝者に見劣りしない内容で充分に楽しませてもらいました!

 

お陰でその後のガンダムでは試合に出場する深谷君以上に張りきってしまいました…。

 

サラリーマンの水津君は大会期間中は稽古時間確保の為、会社でも多少、融通を利かしてもらったようですので、その分しっかり会社に恩返しして社会人として次の目標に向かって頑張ってもらいたいです!

 

 

アマチュアの身でこのような立派な舞台を用意して下さった、所属ジムの山本先生やAbema TVの関係者の皆様にも感謝ですね!

 

前回の活動報告ブログ同様、水津君の昔の写真を探してみましたが、2010年5月(水津君10歳)の写真が見つかりました!

 

空手道MAC茨城支部での合同稽古のお昼の流しそうめんでの1コマですね!

 

 

首から白いタオルをかけてそうめんを狙っているのが水津君で、隣で口を開けてそうめんを食べているのが、今はダボダボな服を着ている善光君ですね!紫月ちゃんもいるな〜!手前の帽子の少年は亜朗くんかな?

 

みんな懐かし〜!

 

押忍!

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

カテゴリ:その他の報告 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
空手道MACのNEW黒帯誕生の日!

本日は毎年恒例の昇段審査会が横浜の空手道MAC本部道場にて行われました!

 

西袋道場の渡貫さん、伊藤くん、川崎宮前平道場の坂本くん、奈良・平等寺研修道場の中川さん、昇段おめでとうございます!

 

 

最後の挨拶でも言いましたが、学生諸君はこれから人生の分岐点が多々訪れると思いますが、自分なりのバランス配分で長く空手と付き合って下さい!

 

そして中川さんもケガをしないように長く空手が続けられるようお互い頑張りましょう!

 

我が道場からも数年後にはまたNEW黒帯が誕生できるように頑張ろう!

 

と強く思った一日でした…。

 

そして朝から集まった各道場の有志の皆様お疲れ様でした!

 

 

 

空手最高!

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

カテゴリ:行事報告 | 19:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
江戸東京博物館からのお届け物!

お世話になっております。

 

いよいよ来年に迫ったTOKYOオリンピック・パラリンピック2020ですが、スポーツニュースで話題になったり、関連行事も増えてきて機運も高まっているようです。

 

そんな中、江戸東京博物館から特別展の案内(チラシ&ポスター)が道場に届きました!

 

 

 

同封の手紙を読むと、少しでもTOKYOオリンピック・パラリンピック2020が盛り上がるように、近郊のスポーツ施設などに配布しているそうです。

 

稽古に来た子ども達に同様のチラシを配りはじめました。

 

ご家族でお出かけしてみてはいかがですか?

 

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

カテゴリ:お知らせ | 20:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
昨年に引続き秋のIBKO型全日本大会を目指して!

第2回 東日本型大会参加の報告!


大会名:第2回 東日本型大会
主催:極真空手 礼心会・極真坂本派 金町道場
日付:2019年6月9日(日)
場所:葛飾橋病院体育館

 

 

数日前に関東地区も梅雨入りして少し肌寒い中、9月に行われる全日本型選手権大会の予選となる、東日本型大会に空手道MAC 東京・江戸川道場から3名の選手が参加して来ました。

 

5年生の菅原君は選抜クラスに、4年生の小野君と大場君は初級クラスにエントリーです。

 

先週の土曜日に空手道MACの内部試合ジュニアカップが開催された関係もあり? 少数精鋭での参加となりましたが、出稽古や居残り稽古の成果が発揮できるか、楽しみにして自転車で会場まで向かいました!

 

昨年以上の参加人数で会場は選手と保護者で埋め尽くされておりました。

 

 

選抜クラスと初級クラスはコートが離れていた為、トップバッターの菅原君を見てから初級クラスのコートに移動して撮影しました。

 

菅原君は極真の型の大会に挑戦しはじめて数年経つので、だいぶ極真スタイルの型に馴染んできたようです!

 

 

大きなミスも無く無事に平安4を終えました!

 

選手を見守る保護者の中をゆっくり移動して、移動ついでに御トイレに行って、団体の先生用に用意して頂いた来賓席に移動して初級クラスの小野君と大場君の型を見守りました!

 

 

 

初級クラスでは基本動作が重視されます。

 

空手道MACの型も極真の型も、立ち方、突き方、引き手のとり方など基本動作は一緒です!

 

日々の稽古から先生のお手本や上級者のお手本を見て自分と比較して微調整をしていきましょう!

 

また、このような大会に参加する事は自分への挑戦にもなりますが、入賞した選手の型を目の前で見ることが出来ます!

 

しっかりと頭のメモリーに焼き付けて持ち帰る人と、自分の試技だけで終ってしまう人ではその後の成長に差が出てきますのでこれからの稽古に役立てて行きましょう!

 

全クラスが終わり表彰式が始まりましたが、ドキドキしながら結果を聞いていたところ、菅原君への9月の全日本大会出場権獲得のアナウンスが聞こえてきました!

 

自分も今年も出場するので一緒に頑張りましょう!

 

 

そして9月の全日本大会は湘南道場や川崎宮前平道場の道場生、そして加川先生も出場権を獲得しいるのでチームMACで頑張りたいです!

 

※一緒に頑張った湘南道場の岡村姉妹も頑張ったね!

 

 

今回も大会前の出稽古で大橋師範や若林先生にアドバイス頂きお世話になりました。

 

この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

参加した選手、保護者の皆様、お疲れ様でした。
また、大会をご準備下さった、極真空手 礼心会&極真会館 金町道場のスタッフの皆様、ありがとうございました。

 

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

カテゴリ:大会結果 | 21:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
例年よりも少し早めのジュニアカップでした!

第14回 MACジュニアカップ 関東空手道選手権大会 参加の報告!


大会名:第14回 MACジュニアカップ 関東空手道選手権大会
主催:空手道MAC事務局
日付:2019年6月1日(土)
場所:川崎市とどろきアリーナ(メインアリーナ)

 

 

今年も恒例、初心者・初級者の為の大会! 空手道MAC事務局主催の空手道MACの道場生しか出場できない『ジュニアカップ』が盛大に開催されました!

 

今年は来年のTOKYOオリンピック・パラリンピック2020の影響で関東近郊の体育館が改修工事やオリンピック関連行事の為、体育館の予約が取れ難くなっている状況が続き、6月の土曜日開催となってしまい、特に江戸川区では運動会の時期と重なり例年の半分の人数となってしまいました。

 

しかし、こう言った体育館の予約を空手道MACの加川先生や西袋先生が予約抽選会に参加してくださってます。

 

見えない活動に感謝いたします!

 

と言うことで、空手道MAC 東京・江戸川道場から12名の道場生が『ジュニアカップ』に参加しました。

 

 

当日は土曜日と言うこともあり、一日道場を休館日にしましたので、稽古参加予定者の皆様はご協力ありがとうございました。

 

また、お子様が成長できる場! チャレンジする場にご協力頂きました参加選手の保護者の皆様、ありがとうございました。

 

参加費もかかる…。

 

場所も近所ではない…。

 

朝から夕方まで…。

 

ネガティブな事を言えばきりがありませんが、大会に申込んでからの準備期間〜当日までの間、技術はもちろんですが、心の成長も確実にあったと思います!

 

そんな思いで迎えた当日です!

 

大会は個人型の部から始まりました…。

 

 

我が道場から個人の型クラスは堀江君の1名のみ…

 

 

みんな〜

 

もっと型も頑張ろうね!

 

 

堀江君おつかれさま!

 

 

型の部が終わり各コート組手の部が始まりましたが、Bコートは幼児部から始まりました!

 

幼児の部6名エントリー中、4名が東京・江戸川道場の道場生です!

 

4名ともお兄ちゃんが少年部のクラスに出場しているので、一緒に試合に出場しました!

 

通常の幼児部の稽古は組手稽古はしていないので、月曜日や金曜日の応用クラスにて少しだけ組手を体験して大会に望みました!

 

試合コートに泣かずに立てるかな?

 

挨拶はちゃんとできるかな?

 

パンチ!パンチ!キック!はできるかな?

 

ドキドキしながら見守っていましたが、みんな泣かずに頑張って組手をしていました!

 

 

 

とても可愛かったです!

 

同門対決の時に、大地君のお父さんが対戦相手のしまちゃんの応援をしていたのが個人的には、とてもほのぼのとして良かったです!

 

 

 

この大会は出場した大会で1勝でも経験した選手は初心クラスには出場できません!

 

ですから初心クラスは大会初出場か今まで一度も勝った経験の無い選手のクラスになります。

 

はじめて出場する選手にはいいですよね!

 

今年入門した道場生の親御さんは是非、来年出場してみて下さい!

 

 

 

小学生の組手も頑張っていました!

 

午前の組手では大芽君が他流派主催の交流試合で準優勝したので、この大会では初中級クラスにエントリーしました。

 

相手は2人とも青帯で大芽君よりも経験豊富でしたが下がらないで必死に頑張っていましたよ!

 

 

上段ガードと素早く動く相手に対しての対応が課題になりましたね!

 

初級クラス4年生に出場した大場くんは1勝1敗の健闘でした!

 

 

 

各コートお昼休憩に入り午後の部のスタートは型の団体戦です!

 

空手道MAC 東京・江戸川道場からは4年生の男女トリオ(比嘉さん、大場くん、小野くん)が平安1の型を三角形のフォーメーションで披露しました!

 

チーム名がなかなか決まらなかったので、私の一存で『チーム レジーナTOKYO』にしました!

 

誰からもチーム名の由来を聞かれていないので、変な噂が一人歩きしないか心配ですが、私的には出場12チーム中、一番カッコイイ名前だと勝手に思っております!

 

そんな『チーム レジーナTOKYO』ですが、月曜日の空手術クラス終了後、別の型大会に出場が決まっている、大野兄弟と一緒に居残り稽古をして大会に望みました!

 

 

緊張は見られましたが、稽古に負けず劣らず良い演武が出来ていましたよ!

 

 

 

午後の組手の部は午前の型個人の部で頑張った堀江君が、初心4年生クラスで初めての1勝を勝ち取りました!

 

必死に技を出す姿に感動しました!

 

 

 

 

前回のジュニアカップや他流派の大会で入賞した事がある、大瀧くんと中村くんは初中級3年生男女混合クラスに出場しました!

 

初中級クラスはみんな強い選手で試合慣れしている選手もみられました!

 

そんな中、中村くんが青帯、黄帯相手に接戦を制して優勝しました!

 

 

 

大瀧くんも接戦でしたが、得意のパンチが多くなりキックが出せなかったので、キックをもっと多く出せるとよかったです。

 

 

 

女の子の唯一の参加、比嘉さんも頑張りました!

 

道場の女の子たち!

 

比嘉さんに続け〜!

 

 

 

 

 

最近、空手道MAC 東京・江戸川道場の選手クラスに入った小野くんは初中級4年生の部に出場しました。

 

試合経験がまだあまり無いので出しやすい技ばかり選択してしまい組手が単調になってしまいました…。

 

蹴りをもっと多く出したり技のバリエーションを増やすと組手に変化が出て相手も戦い難いと思います。

 

 

 

最後の登場は初級クラス5年生の部に出場した高橋君です!

 

小柄な身体で延長戦までいろんな技をアグレッシブに出して頑張りました!

 

知らない人が見ていても応援したくなるような組手でとても感動しました!

 

 

 

 

今年の大会も型から組手までそれぞれの道場生や家族でいろいろなドラマがありました!

 

大昔のオリンピックの精神ではないですが、『参加する事に意義がある!』

 

『ジュニアカップ』は特に勝ち負けよりも試合の前後を通じて学ぶ事が沢山あると思います!

 

更なるチャレンジに向けて頑張る材料にして下さい!

 

そして、このジュニアカップの運営は多くの中高生達が裏方として頑張ってくれました!

 

深谷君ありがとう!

 

そして、試合に出場しないけど選手のサポートをしてくれた大野そらキャプテン!

 

ありがとう!

 

閉会式後は全体の集合写真と各道場に分かれての集合写真です!

 

 

 

 

空手は個人競技だけどこう言った大会などを通じても、同じ道場生を応援したりサポートしたり仲間を思う心が自然に出てくる事を願っております!

 

保護者の皆様、各道場大会運営スタッフの皆様、一日お疲れ様でした。
 

空手最高!

 

ジュニアカップ最高!

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

カテゴリ:大会結果 | 01:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
空手道MAC 公式Tシャツ販売のお知らせ!

お世話になっております。

 

空手道MAC事務局より、先日のジュニアカップの会場でも先行予約を行いましたが、公式Tシャツが販売されます!

 

希望者は道場にて申込用紙を受け取り期日(6月12日)までにお支払い下さい!

 

お渡しは7月上旬を予定しております!

 

 

 

 

現在、追加販売の予定はございませんので、この機会にお見逃し無く…!

 

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

カテゴリ:お知らせ | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
7月のお休み案内

お世話になっております。

7月のお休み案内です。


7月15日(月・祝) 海の日の為、全クラスお休みです。


上記の内容でお休みいたします。

お間違えの無いようにお願い致します。

 


空手道MAC 東京・江戸川道場
代表 栗原啓二

カテゴリ:お休み案内 | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
格闘代理戦争!

お世話になっております。

 

格闘技好きの方ならピン!ときたかも知れませんが『格闘代理戦争』はAbema TVの大人気コンテンツで、格闘技界の次世代スターを誕生させる格闘リアリティ番組と謳たわれている番組です!

 

4月からシリーズの第4シーズンが始まり、今回は「K-1」のトップファイターが「監督」として参戦し「団体戦」で競い合います。優勝チームには賞金総額300万円&K-1出場が確約される!と言う内容です!

 

チームは6チーム中、5チームが現在のK-1で活躍する選手が監督を務める中、唯一、往年の名選手ピーターアーツが監督を務めるチームがあります。

 

なんとそのピーターアーツ率いる『ピーターズ』に空手道MAC 東京・江戸川道場の水津空良君が選ばれ、しかも試合で大活躍を見せてくれました!

 

チームの大将として出場して2連続KO勝利の大活躍!

 

 

幼稚園の年中さんから先に入門した兄を追うように入門し、少年部時代から選手クラスで大会に出場し活躍しておりましたが、高校でボクシング部に入部し卒業後は社会人として会社に勤めながら、小さい頃からの憧れのK-1 選手目指してキックボクシングの道場に入門し頑張っています!

 

空手は休会中ですが、大会のスタッフを買って出てくれたり、道場のイベントにも顔を出してくれるナイスガイです!

 

本日も選手クラスが終わった後、道場に試合の報告に来てくれ、このブログの掲載の許可も頂けたので本人から写真をもらって掲載させてもらっております。

 

 

 

空手道MACからは既に、RISEで活躍中の『恭介』選手や、Krushで活躍中の『璃明武』選手がおりますので、水津君の第3の男になれるように頑張ってもらいたいです!

 

次回の大会は6月15日にK-1のスター選手、武尊選手率いる『TEAM武尊』との対戦だそうですが、更なる活躍を祈念いたします!

 

Abema TVの中でもチームの紹介で水津君の幼少期の空手の大会の写真が出ておりまして、私も古い写真を探してみたのですが、私のパソコンの管理が悪く出てきたのは、10年前の夏休みのイベント『うまい棒争奪オセロ大会』の写真でした…。

 

 

真ん中の19番が水津君ですね!

 

本日は10年の成長が確認できて嬉しい1日でした!

 

押忍!

 

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

カテゴリ:その他の報告 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
コツコツ続けて第16回目の大会!

お世話になっております。

 

最近は半年に1回行われているこの大会は?

 

月曜クラスお馴染みの『ヌンチャク技術競技大会』です!

 

空手道MAC副代表の石島師範が考案したヌンチャク技術を高める為の競技です!

 

ヌンチャクの基本動作のスピードと動作の正確性を採点で競う大会です!

 

今回は9名がエントリーして《うまい棒》をかけて競いました!

 

今回で16回目です!

 

大会の結果は連続出場の大野そら選手がダントツの優勝を遂げました!

 

うまい棒10本ゲット!

 

おめでとうございます!

 

私も必死に審査員をしたので写真は集合写真だけです…。

 

いつもの空手も楽しいけど、月曜日の空手術クラスではヌンチャクや小太刀などの武器術も行っていますよ!

 

青帯から参加可能のクラスです!

 

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

カテゴリ:稽古の報告&紹介 | 03:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
学びの心は忘れずに!停滞は後退!(第5回JFKO全日本フルコンタクト空手道大会編)

大会名:第5回全日本フルコンタクト空手道選手権大会
主催:公益社団法人 全日本フルコンタクト空手道連盟(JFKO)
日付:2019年5月18日(土)・19日(日)
場所:エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)

 

 

はじめに審判員として二日間、道場を休館に致しました。利用予定の道場生の皆様にはご協力頂きましてありがとうございました。

 

と言うことで…

 

現在行われている、日本のフルコンタクト空手界の体重別大会において、間違いなく規模、選手の実力共に日本一の大会!

 

 

フルコンタクト空手界では色々な理由から組織や団体が統一されず、様々な全日本が開催されている現状がありますが、このJFKOは紛れもなく体重別の日本一の大会です!

 

盛ってませんよ!

 

盛っちゃう先生もたまにいますが…。

 

空手道の捕らえ方は人それぞれですが、競技空手の側面から最強を目指すのであれば、最終的にこの大会を目指さなくて何処を目指すのか?

 

そう言った大会です。

 

保護者の皆様、何となく伝わりましたか?

 

 

2014年の第1回から昨年の国際大会を挟んで今回で6年目のJFKO大会です。

 

今年もJKJO(全日本空手審判機構)からの依頼を受けて審判員として大会に協力させて頂きました。審判員派遣にあたり推薦して頂きました、空手道MAC代表の渡辺師範並びに芦原会館東京本部西山師範ありがとうございました。

 

今回は来年に行われますWFKO第1回 全世界フルコンタクト空手道選手権大会の日本代表選抜戦になっており、更に白熱した戦いが繰り広げられました。

 

大会の前日、大阪府立体育館の地下の武道場にて審判員ミーティングが行われ審判員並びに団体関係者集まりました。

 

 

昨年の大会の映像を見ながら反則を見極めるタイミングや基準(グレーゾーンを作らない!)など全体のすり合わせが行われ、後半は実際の審判のチームで想定されるシュチエーション別判定基準の確認や動作なども細かく確認しました。

※新たに追加された試合中のアピールについても時間を割いて映像を見ながら協議致しました。

 

ちなみに府立体育館の地下の武道場は、24年前に出場した白蓮会館の第11回全日本空手道選手権大会の控え室になっており、いつ来ても思い出してドキドキしてしまう場所です…。

※この年に限り第2体育館が全日本大会の会場だった為…

 

その後は関東の審判員と近くで軽く食事をしてホテルへ帰り、本場の『探偵ナイトスクープ』を見てから早めに床について本番に備えました。

 

初日は男女合わせて420名を4コートに分けて階級別にベスト8まで決めます!

 

 

選手のレベルの高さは、先に述べたとおり、どの選手も地域の大会では当然入賞しているレベルが当たり前…。

 

そんな選手達が1回、2回勝つのも至難の業です…。

 

審判をしていても、合間に各コートの試合を観戦してもレベルの高さは毎年変わらすハイレベルです…。

 

緊張の初日の審判を終え、空手道MAC奈良中和道場の山路代表の案内で大阪の街と味をを堪能して早めにホテルへ帰り2日目に備えました。

 

なにせ2日目は男子3位決定戦の副審に入っているので…。

 

今回に限り来年の全世界大会選抜の為、男子は3位入賞が必要条件になるからです。

 

前日のミーティングでも新極真会代表の緑師範が『明日は選手達の人生が懸かった戦いです!』の言葉が思い出されます。

 

2日目は空手道MAC本部道場の後藤選手も昨年同様、準々決勝に駒を進めて残っています。

 

 

審判員控え席では久保田道場の久保田師範が緊張してお腹が痛い…。と言っていたので緊張は私だけではないと少し安心しました。

 

空手道MAC本部道場の後藤選手は第4回大会準優勝の亀山選手に準々決勝で勝利し準決勝に進出しました。その後、惜しくも準決勝で昨年の国際大会で3位の落合選手に敗れてしまい3位決定戦に望みをたくします。

 

私は各階級の準決勝が終わりお昼休憩を挟んで男子3位決定戦の審判員として舞台に登壇し同門の後藤選手の試合以外の3試合の副審を務めました。

 

緊張から開放され後藤選手の試合を舞台の下から見守りましたが、現在の新極真会のツートップ入来選手の下段回し蹴りの猛攻に敗退となりましたが堂々の4位入賞です。

 

閉会式では空手道MAC代表でJFKO(全日本フルコンタクト連盟)副理事の渡辺師範もトロフィーのプレゼンターとして登壇しており後藤選手を見守っていました。

 

空手道MACのJFKO大会の入賞は第1回大会の奈良香芝道場の的場代表以来の快挙です!

 

 

空手道MAC本部道場の後藤選手おめでとう!

 

また、2日間に渡り選手と一緒に戦いを共有した審判員の先生方(三好師範、新保師範、門師範、三浦師範)ありがとうございました。

 

最後に素晴らしい大会を開催して下さったJFKO関係者の皆様、審判員派遣の準備をして下さったJKJO全日本空手審判機構事務局の皆様、ありがとうございました。

 

帰りは後藤選手のセコンドの為、横浜から来ていた本部道場の山田指導員と新大阪駅で食事をして、月曜日の基本クラスの子ども達に約束した大阪のお土産を買って帰路につきました。

 

 

フルコンタクト空手最高!

 

 

空手道MAC 東京・江戸川道場

代表 栗原啓二

 

カテゴリ:停滞は後退! | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
| 1/61PAGES | >>